1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

安田顕『愛しのアイリーン』も!9月公開のおすすめマンガ「実写化映画」

2018年9月公開のおすすめマンガ「実写化映画」5作品のまとめ。土屋太鳳×芳根京子『累 かさね』、安田顕×新井英樹原作『愛しのアイリーン』、中条あやみ×佐野勇斗『3D彼女 リアルガール』、欅坂46の平手友梨奈『響 HIBIKI』、大澤玲美『初恋スケッチ まいっちんぐマチコ先生』。

更新日: 2018年09月26日

9 お気に入り 15807 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『累 かさね』(9月7日公開)

美醜をめぐる人間の業を描いた松浦だるまの同名コミックを、土屋太鳳と芳根京子のダブル主演で実写映画化。

天才的な演技力を持つも顔に大きな傷のある淵累(ふちかさね)が、魔法の口紅によって美人女優・丹沢ニナの顔を奪い俳優としてのし上がるさまを描くサスペンス。

『ストロベリーナイト』シリーズなどの佐藤祐市が監督を務め、『GANTZ:O』などの黒岩勉が脚本を担当している。

「累」試写終了。なるほど、和製ブラックスワンでした…黒ではなく、紅い色が印象的な。原作未読でまっさらな状態で観ましたが面白かったです。 pic.twitter.com/zeVXXoSxLO

本日東宝試写室でのスニーク試写会は「#累 」でした。 母の形見の口紅を使い、相手の顔を入れ替えて女優として大成していく、欲望と嫉妬渦巻くダークシンデレラストーリー。 サスペンスとしてのオチは少々弱かったですが、土屋太鳳史上、最高の演技を拝めた。浅野忠信のヤバさもさすが。 pic.twitter.com/oDa9EoQ1q3

◆『初恋スケッチ まいっちんぐマチコ先生』(9月8日公開)

1980年の連載開始以来、長年にわたり親しまれている人気コミック「まいっちんぐマチコ先生」を、新たに実写映画化。

スランプに陥った漫画家ケンタは、気分転換にと田舎へ帰る。そこで母校あらま学園の教師・響子と出会い、昔のマチコ先生の面影を見る。

マチコ先生役にはグラビアなどで活躍し、今作が映画初主演となる大澤玲美。お笑いコンビ「しずる」の村上純、池田一真、お笑いコンビ「ライス」の関町知弘、元「AKB48」の増田有華、鈴木まりやらが顔をそろえる。

映画「初恋スケッチ~まいっちんぐマチコ先生~」の予告動画です。どんな仕上がりになるのでしょうか。youtu.be/RT_aAMGzpLo pic.twitter.com/yTWmoCYYAP

◆『愛しのアイリーン』(9月14日公開)

宮本から君へ」「ザ・ワールド・イズ・マイン」などで知られる新井英樹の漫画「愛しのアイリーン」が、安田顕主演により映画化。

42歳・独身の岩男が、フィリピン人女性アイリーンと国際結婚する姿を通じ、農村や日本が内包する社会問題を真っ向から描き出す。

試写『愛しのアイリーン』9月14日公開。57秒の特報だけでも圧倒されるのに、本編はさらにさらにさらにです。登場人物それぞれの純粋ゆえにねじ曲がってしまった愛が絡みに絡みあい、それが滑稽ながらも壮絶が増していく。岩男は安田顕さん以外ありえないほど超絶。吉田恵輔監督はまた傑作を産んだ! pic.twitter.com/1hEL3KWort

愛しのアイリーンの試写を観ました。 後頭部をガッツり殴られた感覚です。 凄かった。 映画館が明るくなるまで、立ちあがれない作品に久々に会いました。 なぜなのか、起きてから、あれこれ考えなきゃわからん作品です。 映画って、凄いんだ。 心底、思わせてくれました。 吉田恵輔監督に、脱帽です。

◆『3D彼女 リアルガール』(9月14日公開)

中条あやみを主演に迎え、那波マオのコミックを実写映画化したラブコメディー。

1 2