1. まとめトップ

【20卒就活】早く知りたかった…主流激変中!ダイレクトリクルーティングってなに?

売り手市場と言われている就活市場が大きく変化しています。もう片っ端から応募ボタンを押しまくる時代じゃない。企業もハラハラしながら説明会開いてるだけじゃいられない!受け身だった企業側が、直接学生をスカウトし始めています!

更新日: 2018年10月17日

3 お気に入り 5438 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2018年7月31日厚生労働省発表の、最新の有効求人倍率は1.62倍、東京都に限定すると2.16倍という倍率を記録しています。「空前の売り手市場」の最新サービスを人事担当者がまとめました

「ダイレクトリクルーティング」とは、企業が自ら積極的に求める人材を探し出して直接アプローチを行う採用活動のことです。 従来のような求人掲載サイトなどを利用して募集をかける「待ち」の採用手法と異なり、企業自らが人材データベースから求める人材を探し、直接連絡を取り採用する「攻め」の採用手法です。

今まで待つしかなかった企業が攻めまくっている

世は空前の売り手市場

平成30年6月の有効求人倍率は1.62倍(中略)受理地別では、最高は東京都の2.16倍

つまり東京なら1人につき2社以上の求人がある、まさに「空前の売り手市場」

就職の内定率42.8% 学生の売り手市場化が加速

5月でもう半分は内定が出てる状態

学生の超売り手市場に、企業の採用担当者は「選考されているのはわれわれの方だ」と口をそろえます。 www3.nhk.or.jp/news/business_… #nhk_news

なんで自分たちは就職氷河期に必死こいて就活やる側だったんだ…

平成29年の出生数は94万1000人
平成28年の出生数は97万6978人

人口減(これからもっと減る)の現実に直面して、どの企業も人材獲得競争に拍車がかかっています

企業による学生の青田買いも加速

・就活における「青田買い」とは、企業が本選考よりも前に優秀な学生を確保して内定を出すこと
・経団連による就活解禁日の後ろ倒しにより、インターンやリクルーターを活用して実質的な選考を行う企業が増加している
・リクルーターは企業の広報活動と優秀な人材を確保することを目的として、特定の学生にコンタクトを取る

経団連が決めている「就活解禁日」が有名無実化している

「冬のインターンの方が選考に有利」ってホント? #就活 準備のため、企業のインターンシップに参加する学生にとって気になるウワサ。内定者や企業の担当者の話をもとに調査しました。8月1日朝、日経電子版で公開予定です。

中小とかのインターンは内定に繋がってる場合もあるとか聞いたゾ

就活解禁後に『どうやったら大手の内定もらえますか?』って聞いてくる子がいるけど、それじゃあもう遅いと思うの少なくとも私は大手企業の人事ではないし、本当に大手行きたい子たちは2年次とか3年次の時点で大手のサマーインターンに参加しているよ #就活 #ぶっちゃけ話

全員ではなくても、やはりインターンが内定に直結している場合もかなり多そう

そんな中、就活市場で大きく伸びているサービスが

確かにウチらの就職活動はかなり大変な時期だった。今は学生がオファー来てるなんて時代変わったわ。 (ちなみに今の職場は定年無し)

企業側が学生にオファーする最近の就職活動。もはや就職活動ではないのかも。 私たちの世代、いわば超氷河期で頭を下げて下げて採用してもらった世代が人事担当としてまた頭を下げて下げて学生さんに来てもらっているんだろうな。 ほんと、割に合わない世代だな、氷河期世代。 #クロ現プラス

逆求人制度? 企業が学生側に面接をオファーして、面接受けるかどうかは学生側が決める。学生主導の就活。時代は変わってるのね。

それが「ダイレクトオファー(リクルーティング)」

就活サイトはたくさんあるけれど、今後はオファー型が主流になっていくんだろうなって思う。就活において学生が得られる情報が限りなく少ない中で、企業からのアプローチは合理的だと思うんだよな〜。

転職(中途向け)は昔からあったが就活(学生向け)はまだ新しいサービス

offerboxからオファーいっぱい来てた これいいな ステップ短くして選考できるから企業の時間も割かなくていいし学生の就活も短くなる 受けるかは別として

新四年生の学生によると、自分ではあまり意識していなかった企業からもオファーがあったことで興味をもち、どの業界も幅広く見てみようと思うきっかけになったといいます。/記者リポート #nhkrw #就活 #就職

もうリクナビとかマイナビとかだけじゃない

・セール情報などが届くYahooのサービス「ダイレクトオファー」とは全く関係ないので注意

ダイレクトオファーを使うメリットは?

・説明会やイベントで出会えない企業に出会える
・企業側から気になる学生にオファーを出しているので選考が進みやすい
・24時間就職活動していることになる

業界では「ディーオー」と呼んでいる模様

新しい学生向けのサービスとしてかなり注目されてきている

業界特化型も

OB訪問特化型もある

1 2