1. まとめトップ
  2. レシピ

夏の夜にぴったり!パイナップルの漬込みウイスキーの簡単レシピ

真夏の暑い熱帯夜は、南国フルーツのパイナップルを漬けたウイスキーを楽しみましょう。ボトルに砂糖も合わせて1週間漬けて完成です。トロピカルな香り、甘味、酸味が不思議にフルーティーなお酒で、かき氷のシロップにも絶妙です。ホワイトリカーやブランデーの場合の作り方や、注意点の画像ツイートも紹介します。

更新日: 2018年08月01日

103 お気に入り 23824 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

merit_1さん

熱帯夜は、ウイスキーとパイナップルで・・・

大人の夜の時間は、ウイスキーを片手にゆっくり過ごしたいですね。

でも暑い夏の熱帯夜は、ちょっとウイスキーの気分でないかも?
でも飲みたい・・・

それなら南国のフルーツ、パイナップルを合わせましょう。

ちょっと変な組み合わせ?

大丈夫ですよ。
実はウイスキーにパイナップルを漬け込むと、トロピカルな香り、甘味、酸味がマッチして真夏らしい味わいになるのです。

作り方はとてもシンプルで簡単です。材料を漬けておいて待っていると完成します。
レシピを見てみましょう。

パイナップルの漬込みウイスキー、簡単です

ニッカウヰスキーの公式Twitterが、パインの日に合わせてパイナップルの漬込みウイスキーのレシピを紹介しています。

8月1日は #パインの日 だとか!そこで真夏にぴったりの~ パイナップルの漬込みウイスキー 漬込みボトルに角切りにしたパイン適量と砂糖50g、リッチブレンド150mlを入れる!冷暗所に保存して約1週間!…す・る・と… pic.twitter.com/g58aWm21AS

まぁ、作り方……といっても、“パイン”、“砂糖”、“ブラックニッカ リッチブレンド”を、順番にいれて待つだけ。カップラーメンを作るより簡単なのです。

パイナップルは生でも、缶詰でもどちらでも大丈夫です。
シロップ漬けの缶詰パインを使う時は、少し砂糖を少な目で調製するとちょうどいい感じかも知れません。
甘さは何回か作って試して、好みのバランスを見つけてください。

1週間待ったら完成!

後はゆっくり1週間漬けて待ったら完成です。
ウイスキーはアルコールが多くて腐らないので、冷蔵庫に入れないで大丈夫です。
だんだん色が変化して行く所も見て楽しみに待ってください。

完成したら開けて、飲みましょう。
香りも味も楽しんでください。
熱帯夜のお供に楽しむなら、氷を入れてロックがぴったりです。

・サッパリ美味しい。
・フルーティー。
・ウイスキー苦手な人でもグイグイ飲めそうです。

氷を入れて冷やすとともに若干薄まると、濃度としてはちょうど良くなりました。パイナップルの香りがたまりません。

かき氷にシロップとしてかけて食べるのもありですよ。
トロピカルで楽しそうです。

ババーン!! 明るい黄色に変わったパイナップルの漬込みウイスキーが出来上がりじゃ!甘酸っぱいパインフレーバーが堪らんな!まずは、爽快なハイボールを愉しむとするかの!かき氷にかけてもイケるぞい! pic.twitter.com/grqAx22ViL

ウイスキー以外のお酒でもできます

ウイスキーがちょっと苦手な人は、他のお酒で作ってみましょう。
ホワイトリカーで梅酒風にパイナップルのお酒を作るレシピもありますよ。

ブランデーでもできます。ちょっと複雑な味になりそうですね。

ただし注意点として、必ずアルコール度数が20度以上あるお酒を使って作ってください。
酒税法施行令という法令で決まっている事なので、必ず守りましょう。

【いつもの必読】 [漬込み酒のお酒づくりと酒税法]お家で漬込み酒をつくる場合、必ず1~4を守るんじゃよ!よろしく頼むぞい! ▼詳しくはこちら▼ nikka.eng.mg/8968d オリジナル「漬込みボトル」付き商品のリンクも見逃さんようにな! pic.twitter.com/mUdCNTIlcX

1 2