1. まとめトップ

二輪好き必見!超過激バイクアクション映画まとめ!

カーアクションもいいけど、バイクのアクションも凄い!?バイクスタントからちょっとぶっ飛んだバイクチェイスまでとにかくバイクのかっこいい映画12本を紹介します。

更新日: 2018年08月09日

4 お気に入り 18588 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

benelli40さん

トリプルX:再起動 (2017)

エクストリームスポーツのカリスマにして、腕利きシークレットエージェントとしても名をはせたザンダー・ケイジ(ヴィン・ディーゼル)に再びNSA(国家安全保障局)から声が掛かる。今回の彼の任務は、危険な敵の手に渡ってしまった世界中の軍事衛星装置を奪還すること。ザンダーはNSAがそろえた精鋭部隊を一蹴し、新たにチーム“トリプルX”を編成する。

シネマトゥデイ

今回の主役はバイクです。きになるバイクメーカーは、、、白いけれど、これは
オーストリアのバイクメーカーであるKTM!!

悪女 AKUJO (2018)

犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒは、いつしか育ての親ジュンサンに恋心を抱き、やがて2人は結婚するが、ジュンサンが敵対組織に殺害される。怒りにかられたスクヒは復讐を果たすが、国家組織に拘束されてしまい、国家の下すミッションを10年間こなせば自由の身になるという条件をのみ、国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。やがて、新たな運命の男性と出会い、幸せを誓ったスクヒだったが、結婚式当日に新たなミッションが下され……。

映画.com

ボーンレガシー (The Bourne Legacy 2012)

暗殺者ジェイソン・ボーンと彼をめぐる陰謀を、壮大なスケールで描いた『ボーン』シリーズの裏で進行していたストーリーを描くアクション大作。前3作と同じ世界と時系列を舞台に、ジェイソン・ボーンとは別の暗殺者アーロン・クロスが繰り広げる戦いを活写する。『ハート・ロッカー』のジェレミー・レナーが暗殺者アーロンにふんし、体を張った見せ場を次々と披露。また、『インクレディブル・ハルク』のエドワード・ノートン、『ナイロビの蜂』のレイチェル・ワイズなどの実力派が共演してドラマを盛り上げる。

シネマトゥデイ

特にバイクチェイスのシーンがめちゃよかった!
バイクチェイスの尺も長いし、カメラワークも素晴らしく、
ちょっと今まで観たことのないようなスピード感とリアルさで迫力満点でした!
バイクアクション好きの俺としてはもうこれだけで大満足なのです!

007 スカイフォール(007 skyfall 2012)

007のコードネームを持つイギリスの敏腕諜報(ちょうほう)員、ジェームズ・ボンドの活躍を描くスパイ・アクションのシリーズ第23弾。上司Mとの信頼が揺らぐ事態が発生する中、世界的ネットワークを誇る悪の犯罪組織とボンドが壮絶な戦いを繰り広げる。『007/カジノ・ロワイヤル』からボンドを演じるダニエル・クレイグが続投。監督に『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデス、共演には『ノーカントリー』のハビエル・バルデム、『シンドラーのリスト』のレイフ・ファインズら、そうそうたるメンバーが結集。イスタンブールをはじめ世界各地でロケが行われた美しい映像も見もの。

シネマトゥデイ

ミッションインポッシブル 2 (2000)

前作、絶対絶命の危機をむかえたイーサン・ハントは奇跡的にも不可能と言われたミッションを成功させ、I.M.Fの新たな指令塔に任命される。それから数年経った今、陰で糸を引く闇の司令官からイーサン・ハントに前回をも上回る不可能なミッションを達成させよとの任務が入る。新しいメンバーを結成した彼はオーストラリア、スペインを駆け抜け、敵の破壊的ミッションを阻止すべく国際的な危機に挑んでいく。(シネマトゥデイ)

ミッションインポッシブル /ローグ・ネイション(2015)

ハリウッドスターのトム・クルーズ主演の世界的大ヒットシリーズ『ミッション:インポッシブル』の第5弾。スパイ組織IMFに所属する腕利きエージェントが、仲間たちと協力して暗躍する無国籍スパイ組織撲滅というハイレベルのミッションに挑戦する姿を活写する。共演は、ジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、アレック・ボールドウィンら。高度1,500メートル、時速400キロメートルで飛行中の軍用機侵入を試みる、トムの命知らずのアクションも見どころ。(シネマトゥデイ)

マトリックス リローデッド(Matrix Reloaded 2003)

自分が暮らしていた世界が実はコンピュータが作り出した仮想現実の世界と知り、モーフィアス率いるゲリラ集団に加わり、やがて人類の救世主として覚醒したネオ。コンピュータの支配から人類を解放するための闘いを続けるネオとその仲間たちだったが、ある時ついに人類最後の都市ザイオンの位置がコンピュータに特定されてしまう。ザイオンを救うためには、マトリックスの全ての入り口にアクセスできるという人物“キー・メーカー”の存在が不可欠だった。そこでネオとトリニティー、モーフィアスは彼を求めて再びマトリックス世界へと足を踏み入れるのだったが…。(yahoo映画)

1 2 3