日本の法制度上、「シュガーレス」「ノンシュガー(non sugar、non-sugar)」「無糖」「糖類ゼロ」などの表現は、食品100gもしくは飲料100mLに対し、単糖類または二糖類の糖類が0.5g未満であることを意味する。

出典シュガーレス - Wikipedia

これも結局全くの「無」ではないわけですね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

無添の定義って?くら寿司で話題の食品のいろんな「無」のルールとは

ネットで話題の無添くら寿司が添加物だらけだった?そもそもいろんな食品の「無」の定義って?

このまとめを見る