「糖質ゼロ」の場合も同様の量的基準であるが、栄養表示上の糖質とは食物繊維を除く全ての炭水化物であるため、糖類はもとより糖アルコール、オリゴ糖、デンプン等も含む。したがって「糖類ゼロ」よりも「糖質ゼロ」の方がより厳しい基準であるといえる。

糖類の割合が「低い旨」(低、ひかえめ、小、ライト、ダイエット、オフ)の表示の場合は、食品では100g中5g未満、飲料では100mL中2.5g未満が基準値となる。

出典シュガーレス - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

無添の定義って?くら寿司で話題の食品のいろんな「無」のルールとは

ネットで話題の無添くら寿司が添加物だらけだった?そもそもいろんな食品の「無」の定義って?

このまとめを見る