1. まとめトップ

「プログラミングの勉強してた」本田圭佑が自らの近況語る

ロシアワールドカップ終了後、日本代表からの引退を示唆していた本田圭佑。その後の近況や今後の目標などをAbemaTVで語りました。

更新日: 2018年08月03日

1 お気に入り 1892 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■本田圭佑、AbemaTVにて近況を語る

MF本田圭佑が2日、インターネットTV「AbemaTV」のニュース番組『AbemaPrime(アベマプライム)』に生出演

■失意のロシアワールドカップ後、本田圭佑はなにを考えているのか?

ウィルスミスに会うためにバハマにいる

本田圭佑選手「オリンピックOA枠目指す」☺︎ 常に挑戦するスタイル、大きな夢や目標がありとても刺激的で尊敬すぎます。 #本田圭佑 #ウィルスミス #TATERU pic.twitter.com/viBORjJYE6

番組冒頭で「なぜバハマに滞在しているのか?」問われた本田は、「ウィル・スミスに会うために来ました」と明かした

米国の人気俳優ウィル・スミスとともに1億ドル(約110億円)規模のベンチャーファンドを設立した

2人が共同で立ち上げたファンドについて話すためにウィル・スミス氏のスケジュールに合わせて3日間だけバハマを訪れているという

ワールドカップ後はプログラミングの勉強をしていた

「(ロシアから)帰って、初めてプログラミングを習いました。1日10時間、やっていました」

W杯を終えてからについては、自身が立ち上げた投資ファンドで、投資先の判断材料とするために、プログラミングの学習をしていたという

勉強した理由について「テクノロジーを使ったような会社に投資をしていますので、商品は全てプログラミングからプロダクトが出来上がる。作っているエンジニアの気持ちを知るためにも学んだ」と説明

新天地はオーストラリアになりそう

本田圭佑がオーストラリアのクラブと交渉大詰めって認めた!次の目標は東京五輪OA枠で目指すって! pic.twitter.com/HCDPGDUkxw

昨季限りでパチューカ(メキシコ)を退団した本田は、オーストラリアAリーグのメルボルン・ビクトリー入りが現地で報じられている

「近日中に受け入れてくれれば、数日以内に発表があるかもしれない」とコメントした

次回のワールドカップは目指さない

今回のインタビューで、本田は次回2022年のW杯カタール大会を目指さないことをあらためて明言

サッカー選手としてのモチベーションが「W杯だった」と振り返った本田は今後、維持が難しくなる体力面の問題などから、次回のカタール大会を断念したことを明かした

新たな目標は東京五輪!

Abema newsで本田圭佑が二年後の東京五輪オーバーエイジ枠で出場するという目標を発表した これからが楽しみです‼ pic.twitter.com/w8PF5zEebN

今後の目標として「2年後の東京五輪にオーバーエイジで目指す」と明かした

「僕は常に挑戦者でいたい。世界一を目指したいし、現役を続けるならオリンピックしかない、という強引なこじつけ」と説明

「僕にとってタイミングよく東京五輪が来てくれることは個人的に運命に感じていて、これは目指さないとと、勝手に感じています」

1 2