ヤバっ…やってしまいがちな「熱中症対策」の落とし穴

暑い季節、多くの人が悩みがちな熱中症対策。水分摂取を欠かさずすることや身体を冷やすことは重要だけど、これまでしていたことが実は間違っていた可能性も…念のため確認しておきたい、熱中症対策についてまとめました。

更新日: 2018年08月03日

39 お気に入り 63967 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

水分摂取が大切って言われるけど…

短時間に多くの水を飲むと、水分が過剰な「水中毒」という状態に。

熱中症が疑われるときの対処法として、こまめな水分補給が挙げられます。水分補給は大切なことですが、かえって症状を悪化させることもあるので注意が必要です

水中毒を防ぐためには、水分の取り方がポイントとなる。水は1時間100ミリリットル程度をこまめに飲むこと

水分というとアルコールや、カフェインを含むコーヒー、緑茶などを水代わりに飲んでしまう人が多いですが、利尿効果によりかえって脱水症状を引き起こし、熱中症のリスクを高めるおそれがあります

室内でクーラーを使用していても、空気が乾燥するのでこまめな水分補給をしておきたい。

(特に)入浴前後、また起床時には水分補給を忘れずに行いましょう。水分をこまめに摂取することで体内をめぐる血液量が安定し、健康維持も期待できます

塩分や糖分も過剰摂取はアウト

熱中症が疑われるときは、ただ水分を補給するのではなく、塩分も一緒に補給することが重要です。自分で手軽に作れる食塩水もよい

厚生労働省は、熱中症対策のひとつとして、食塩相当量が0.1g~0.2g/100ml以上の飲料を推奨しています

(しかし、)体内への吸収率はいいものの、糖分が比較的多く含まれているのが問題。スポーツ飲料の飲み過ぎで糖尿病を発症した事例もあります

暑すぎてツラい場合には

熱中症の応急処置として体を冷やす際には、「おでこではなく、首や脇の下、足の付け根などを冷やしたり、可能であれば全身に水をかけてうちわであおいだりするのも有効です」

軽度の疲労感や倦怠感などが診られれば、すぐに涼しい場所へ移し、衣服をゆるめて両側の首筋、わきの下、足の付け根を冷やします

また、カラッと晴れた日よりも

気温がそれほど高くない日であっても、湿度が高い日や急に暑くなって体が暑さに慣れていないときにも注意が必要です

実のところ熱中症は、気温より湿度の影響の方が遥かに大きく、カラッと晴れた日よりも、晴れて蒸し蒸しした天気の方が熱中症のリスクが高くなります

1