1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

2070年以降は熱波で人が居住不能に…中国に対する予想が怖すぎる

2070年~2100年の間に中国の一部では熱波によって人が居住できなくなるという予想がなされています。

更新日: 2018年08月04日

16 お気に入り 129462 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■猛暑が続いている

九州から関東、東北南部で猛烈な暑さ。熱中症に警戒。きのうに続き、東海地方を中心に40度くらいまで上がる所も。

今年の夏は異例の暑さとなっています。7月23日に、5年ぶりに全国の最高気温を更新(熊谷市で41.1℃)したり、今日の名古屋のように、今年初めて40℃に達した地点も

熱中症で命を落とす危険もある。お互いに声を掛け合い、熱中症には厳重な警戒が必要。

今日も暑いねー 昨日も言ったけど、 ちゃんと水分補給して、 熱中症や夏バテには 気をつけるんだよ?

昼からのが暑いから昼から図書館行くつもりが… 朝から暑くてさっきまで図書館にこもってた 快適過ぎて時間を忘れたお

今日も今日とて暑いんだけどこの暑さいつまで続くん…? 火曜日までゆるく頑張れば楽しい夏休みが待っている…はず……。

朝水道からでる水がいつまでたっても生温かった( ̄▽ ̄;) 今日も暑いぜ‼

■この暑さは日本だけではない。全世界で異常な事態となっている

北朝鮮では7月末以来、一部地域では気温が40度を超すなど記録的猛暑となっており、コメやトウモロコシといった農作物に被害が出始めている。

猛暑に見舞われているポルトガルは3日、各地で気温が上昇、内陸部の中部アブランテシュで45・2度となり、2003年に記録した同国の史上最高気温47・4度に迫る勢いとなった

欧州で熱波により気温が40度を超える事態となり、地中海沿岸諸国では2日、高度の警報が発令された。ドイツのエルベ川では、水位低下で第二次大戦中の兵器が露出するなどしている。

北欧では、海水温の上昇によって、一部の原子力発電所が出力低下や一時稼動停止に追い込まれている。今後、他の原子力発電所でも同様の事態が発生する見込み

韓国気象庁によると、1日午後、ソウルの気温が1907年に観測を始めてから最も高い38.8度に達した。

■この暑さがひどくなり、2070年以降「中国」は熱波により居住不能になるという論文が発表された

中国の広大な範囲が気候変動や都市化などによって高温化し、今世紀中にそのほとんどの地域が居住不可能なほどの熱波(Heat Wave)に襲われるという論文が出された。

英紙ガーディアンは1日、「2070~2100年に生存不可能なレベルの熱波が中国を襲うかもしれない」と報じた。

温室効果ガスの排出量が大幅に削減されないかぎり、2070年から2100年までの間に、湿球温度35度以上の猛暑に見舞われる可能性がある

■なぜ中国なのか?

降雨量の相関関係では中国東部の場合、降水量が増えれば温度が下がる傾向があり、降水量が減少していることが中国東部の高温化に影響している

温室効果ガスの最大排出国であり、世界最大の人口を要する中国の最も人口が密集する地域が最大の影響を受ける

華北平原は、中国最大の沖積平野で、人口およそ4億人を擁する人口密度の高い地域であるとともに、灌漑農業が盛んなエリアでもある。とりわけ、集中灌漑は、温度と湿度を上昇させ、より厳しい熱波をもたらす

灌漑(かんがい)とは、農地に外部から人工的に水を供給すること。 農作物の増産、ランドスケープの維持、乾燥地帯や乾期の土壌で緑化する際などに利用される。

1 2

関連まとめ