1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

この記事は私がまとめました

■社会人にとって大きなイベントである就職活動

あなたの人生において就業は大きなターニングポイントです。

面接苦手 改まって自分の話をするのも苦手だし論争するの好きだけど一方通行苦手www

面接苦手すぎて、このままじゃ就職できない死にそう。

■何度も落ちている人は、自分には才能がない。と思いこんでしまいます

初めてであれば精神的に凹んでしまい、自分はもう就職できないんじゃないかと悩んでしまうものです。

しかし、受かる人にも落ちる人にも本質的な差はありません。内定をもらえる学生は優秀なのではなく、面接官に気に入られる『あること』を自然にできているのです。

□では、面接に受かる人が自然に出来ている事って何なのでしょうか

面接で一発合格をする受かる人さんっていったいどんな人で、どんなポイントを押さえているのでしょうか。

■会社の分析ができている

受け答えやアピール方法はもちろんですが、企業の情報収集も選考ポイントのひとつである事を
忘れないで下さい。

面接に受かる人は、会社の分析、自己分析、職業の分析など様々ですが、必要になりそうの情報を集め、分析します。

可能であればOB訪問やインターンシップ等を行うと、他に面接を受けている会社とは違ってこの会社に入社する気持ちが強いのですよというアピールになります。

■自分を売り込むことができる

自己評価が高く、自らの強みを知って積極的にアプローチしていくことは、面接に受かるためにはとても重要なことです。

面接は自分を売り込むPRの場ですからやりたいこと・やらせてほしいことを積極的に、熱意とともに伝えましょう。

いくらあなたが他の人より長けた能力があったとしても、それが相手に伝わらなければ何の意味もありません。

■会社にどう貢献出来るかを伝える

面接官に自分のことを知ってもらうために一生懸命自分をアピールしますが、ただアピールすればよいというわけでもありません。

企業が望んでいるのは、会社の雰囲気を明るくしてくれる人。営業をバシバシとってくれる人。新しいムーブメントや企画を打ち出せる人などです。

「この企業なら自分はこの分野で貢献できる」という部分まで想定するため、面接時によどみなく「会社に貢献する意欲」をアピールできるのです。

■曖昧な話をせず、はっきりと答える

1 2