1. まとめトップ

食べるだけで良質な睡眠をサポートしてくれる6つの食材

現代の日本人は5人に1人の割合で睡眠に何らかの悩みを抱えているそうです。健康的な生活をおくる上で欠かせない良質な睡眠をサポートしてくれる食材を日頃から取り入れましょう!

更新日: 2018年08月07日

4 お気に入り 1607 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■現代人の5人に1人が睡眠に何らかの悩みを抱えている

今夜は早く寝なきゃと布団に潜り込んだものの、なかなか眠れなくてもんもんとしてしまう、なんてことはないですか?

24時間型の生活習慣による生活リズムの乱れや、最近のストレスに満ちた社会を反映してか、不眠に悩まされる人が増えている

■睡眠の質が落ちると体調に悪影響を及ぼすことも

極端な睡眠不足の状態を繰り返していると、高血圧を招いたり免疫機能を低下させます

睡眠不足がうつ病や肥満、糖尿病を招くことも報告されています

■良質な睡眠へと導いてくれる優秀な食材を日常的に摂りましょう

ホットミルク

寝る前に砂糖がたっぷり入ったドリンクを飲むのは避けた方が良いのですが、乳糖や微量の砂糖が含まれている乳飲料なら、空腹感を紛らして寝付きを良くしてくれます

ホットミルクにはトリプトファンというアミノ酸が含まれており、この成分は夜になるとメラトニンに変化します

メラトニンは眠りを誘うホルモンとして有名で、就寝前に温かいホットミルクを飲めばスムーズな入眠が期待できます

アーモンド

アーモンドには筋肉の緊張を解きほぐし、眠りを誘うマグネシウムが含まれています

睡眠中の血糖値を安定させて良質な睡眠をもたらすという効果もあります

塩分の入ったアーモンドを食べると、喉が渇いて起きてしまうことがあるので、無塩のものがお勧めです

ヨーグルト

ヨーグルトと言えば、「乳酸菌」で腸を整えるというイメージがまずありますが、実は、睡眠に関わる「トリプトファン」という成分も豊富に含まれています

夕食直後にヨーグルトを食べると整腸作用がよりスムーズに働く上、質の高い睡眠が得られます

バナナ

消化がよく、脳をリラックスさせて快眠に導くホルモン「セロトニン」の材料となる「トリプトファン」を含むバナナ

マグネシウムやカルシウムも多く含まれ、これらは睡眠中に筋肉を再生する助けになる

1 2