1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

■熱中症よりも怖いと言われている病気があります

今年は猛暑が続いていますが、実は、熱中症だけでなく、「夏血栓」という恐ろしい病気もあるんです。

猛暑だと熱中症だけじゃなくて、夏血栓なる病もあるのか… これが原因で脳梗塞とか怖い…

■夏血栓とは、『血栓症』の1つ

血栓とは血の固まりのことです。血栓ができただけでは特別な症状は現れませんが、これが血管をふさぎ、血流が滞ると、臓器に血が流れなくなります。

その結果、末梢臓器の細胞が死ぬことを梗塞と言い、血栓が詰まる場所により、脳梗塞や心筋梗塞と分類されます。

日本人の40歳台の5人に1人、50歳台で3人に1人、60歳台で2人に1人、70歳台ではほぼ全員血栓症であるといわれています

■では、なぜ『夏』がついているのか

血栓症の中で夏に起きるものを夏血栓と言います。なぜ夏限定なのかといいますと、血栓が発生しやすい時期が夏だからです。

発汗によって、脱水状態になると、血液がドロドロになり、血管が詰まりやすくなるそうです。

また、アルコールの利尿作用で、体の水分が失われてると、血液が固まりやすくなるため、真夏の暑い日に冷たいビールを多量に飲むと血栓ができやすくなります。

■初期症状は熱中症と同じ

そして、まひが起きて手足が動かなくなる。しゃべりづらくなる。ろれつが回らなくなる等の症状が起こります

心筋梗塞、脳梗塞、肺血栓塞栓症などの症状であり、最悪の場合、死にも繋がるような重い症状だ。

■死亡率はなんと、最大で30%にも上ると言われています

「血栓症による死亡率と気温に関する調査」によると、65歳以上の心筋梗塞患者は、気温が30度を超えると死亡率が上昇しています。

また、夏血栓は、高血圧や動脈硬化の心配な高齢者だけでなく、若い世代でも、長い時間、同じ姿勢でいると、発症の危険性が高まるそうです。

■見分け方は『ドロップハンド法』というものがあります

熱中症か脳梗塞か分からない場合、簡単な見分け方として『ドロップハンド法』があります。 news.livedoor.com/article/detail… pic.twitter.com/0zLKTXFyGq

そうすると、ゆっくりと(両手が)落ちていくと思うんですが、「脳梗塞」で麻痺がありましたら、パッと片方が落ちてしまいます。

1 2