1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「ジョックロックもう聞けない」‥智弁和歌山・初戦敗退にネットざわつく

第100回全国高等学校野球選手権記念大会は7日、大会3日目が行われ、注目の智辯和歌山が近江と対戦。試合は、近江の3本のホームランなどで、智弁和歌山を7-3で破って1回戦突破しました。

更新日: 2018年08月07日

20 お気に入り 31816 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●第100回全国高等学校野球選手権記念大会

・大会3日目は、注目の智弁和歌山と近江の近畿対決

第2試合では選抜準優勝の智弁和歌山(和歌山)が登場。こちらも春夏連続出場となる近江(滋賀)と、いきなりの“近畿対決”

●試合開始から智弁和歌山に注目が集まっていた

●開始早々、アフリカンシンフォニーで智弁ファンが大興奮

どこもやってるアフリカンシンフォニーでも智弁だと鳥肌たつ(笑)

智弁のアフリカンカッコよすぎる 格が違いますわあ

智辯和歌山と近江…見たい…のに…(१﹏१;)アメリカンシンフォニーで鳥肌が…止まらない…(ヽ´ω`)

●しかし、試合では、近江4番・北村選手が2ラン含む2本の本塁打!

驚異のパワーを見せつけた。2点を追う4番・北村恵吾内野手(3年)が智弁和歌山の平田龍輝投手(3年)の甘く入った直球を仕留め、左中間最深部へ同点2ラン。

近江の北村くんのホームラン飛距離が凄くてびびる

・さららに7番・山田選手も勝ち越しソロで逆転に成功!

五回は先頭の7番・山田竜明内野手(3年)が右中間席へ勝ち越しのソロ。近江が2発で逆転に成功

さらに8回にも1点を失った後、北村に2本目となる2ランを浴び2−6とリードを広げられた。

・近江は、持ち前の継投で智弁和歌山を抑え見事勝利!

【号外】近江 (滋賀)が智弁和歌山(和歌山)を7―3で破り2回戦進出!詳細はバーチャル高校野球でチェックvk.sportsbull.jp/koshien/?utm_s… pic.twitter.com/fZnSbx3Kn4

守っては右スリークオーターから左腕、本格派右腕から左腕への継投で相手打線の目先を変える多賀章仁監督の作戦が奏功。粘り強くリードを守った。

1 2