闇が深すぎる…知られざる「猫ブーム」の裏側

いまや世間は空前の猫ブーム。経済効果は2兆超えとも言われています。しかしブームの裏側では、多くの猫が保健所で殺処分されていたり、悪質な業者も増加していたりと問題を抱えています…

更新日: 2018年08月07日

48 お気に入り 108324 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ついに飼育数で犬を抜いた!

一般社団法人ペットフード協会の平成29年全国犬猫飼育実態調査によると、調査開始からはじめて猫の飼育数が犬を超えた

2017年12月に発表。

「ネコノミクスの経済効果」によると、2015年の猫ブームがもたらした経済効果は2兆3162億円にのぼったそう

しかしブームの陰では…

店頭で販売されている犬猫の多くが、まるで“生産工場”のように、軽々しく作り出され、廃棄されている

日本では各自治体の保健所や、闇の「引き取り屋」などにより、年間約6万匹の犬猫が殺処分されている

繁殖用の猫が大幅に増え、売れ残った猫たちを有料で引き取り、虐待する業者も。

実は「スコティッシュフォールド」の折れ耳は、軟骨の異常が原因。海外では繁殖を禁止しているところも。

スコティッシュフォールドは病気の状態を留めさせている品種であり、繁殖させるのは「残酷」

高値で売れるため、繁殖の回数を増やす悪質なブリーダーもいる。

ペットショップの多くは、立ち耳タイプは売れ残るため、折れ耳タイプを仕入れたがる。そのため、もっとも障害が出てしまう折れ耳同士を繁殖させ、大量に人気の品種を生み出す、という流通が止められない

高額の医療費がかかり、捨てられてしまうことも…

一方で、ペットショップから飼うのではなく

行き場をなくしてボランティア団体や個人に保護された猫のこと。

全国の自治体に広がった殺処分ゼロの影響が。保健所などで処分される犬や猫は年々減少

きゃわー! 「ハニオの子分みたいな兄弟」 石田ゆり子、2匹の子猫“はっち&みっつ”を家族に迎えてウキウキ nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/18… pic.twitter.com/QMHgqOndbk

芸能人の保護活動が増えて来て「保護猫の存在」も世間に広まっている。

ニャアアアーーースティス! 「超絶大切にします!!!」 サンシャイン池崎、2匹の保護猫“風神&雷神”を引き取って超ハイテンション nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/18… pic.twitter.com/Y78sDqaZtO

今年の7月には、石田ゆり子さんやサンシャイン池崎さんが引き取っている。

転売や、新たな里親への飼育費要求、引き取り後すぐに保健所へ連れていくという殺処分を目的とした行為など、同じ人間が行ったとは思えないような行為が実際に行われてきた

さらに、里親募集で引き取った猫、数十匹を虐待死させた事件がニュースや新聞で大々的に取り上げられたこともある。この件に関して、現在でも厳罰を求める署名が続けられている。

どんどん条件は厳しくなっている

保護猫を引き取るのは大変です。猫を一人にするわけにはいかないので、独身男性や老人は保護猫を譲渡されないことが多い

たいていの場合、20才以上でペットを終生飼育する経済力があるか、ペット可の住居に住んでいるかなどが確認される

学生も厳しい。さらに犬の場合は日中の留守時間も重要で、最低でも子犬で9時間、成犬でも12時間以内に家に帰って来られる環境が求められる。

でも保護猫を貰うには条件があってめんどくさいって話、逆に言ったら本来動物飼うのそれくらい厳しいよってことなんだけどな

里親になるための審査として、住所、氏名、家族構成、家の間取りなどの情報を保護団体に伝えます

実際に里親詐欺で猫を大量に引き取って虐待する人がいるからチェックが厳しくなるのも仕方ないと思うけど、保護猫を引き取りたくても、保護団体に疑われたりプライバシーを覗き見られるのが怖くてペットショップで買ってしまう人も多いです。独身でも男性でも猫を生涯可愛がってくれる人はいるのにな。

環境を確認するために「家の中を見せてほしい」と求められることもある。

数年前に市の保健所で保護猫を引き取って育てようと嫁と話してて、条件を確認したら虐待防止の為の厳しい条件が多かったが、なんとか全てクリアできる所まできたが、ただ一番無理やと思ったのが毎月里親が自宅訪問に来て猫の様子を見に来る事やった。他人が毎月家に入って来るのはかなりのストレス…

1 2