1. まとめトップ

電車の中でも電話が出来るようになる!?スマホ用音声マスクが便利そう

電話をする際に自分の声が外に漏れないスマホ用マスクが登場したので、まとめます。

更新日: 2018年08月07日

1 お気に入り 3479 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

BKB250さん

いつでもどこでも好きな場所で、好きな時間に電話をする事が出来る「スマートフォン」。

今や持っていない人を探す方が難しい時代になりました。

しかし、いくら何時でも電話をする事が出来るとは言え、図書館や喫茶店など、静かな場所に居るときに電話がかかって来た時、その場で通話をするのは、かなり顰蹙を買います。

なにより、自分の話し声が周りに駄々洩れになってしまいます。

かと言って電話をする度に表に出るのは大変です。

スマートデバイス全盛のこの時代、静かな場所でもスマートフォンの通話が出来て、かつコチラの声をはっきり相手に伝える事が出来る、そんなガジェットは存在しないのでしょうか…?

実はあるんです

Hushme Inc.は8月1日から、CAMPFIREが運営するクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」において、世界初とうたう自分の話し声を漏らさないスマホ用音声マスクHushme(ハッシュミー)を販売するプロジェクトを開始した。

図書館や喫茶店などの静かな場所にいるときに電話をすると、まわりの人に迷惑がかかる、あるいは聞かれたくない会話の内容が周りの人に聞かれてしまう。本製品はこのような問題を解決するためにを開発したという。

きっかけは、ウクライナの食品会社CEO、CFO、CIOの3人がカフェを利用していたとき、Skype経由で通話していた女性の会話を意図せず周囲の人たちが聞いていることだったそうです。

Hushmeはどんな使い方をするの?

「Hushme」は、通常の「ヘッドセットモード」とは別に、「パッシブモード(音声消音モード)」と「アクティブモード(音声マスキングモード)」の2つのモードがあります。

通常のヘッドセットモードでは、「Hushme」はBluetooth経由でスマートフォンに接続し、電話で話したり音楽を聴いたりする時に、ハンズフリーヘッドセットとして使用できます

パッシブボイスマフリングモードは、内蔵する磁石で本製品を口の上に固定。マスクの内側に埋め込まれた断熱材、柔らかいクッションマフ、装置の内面全体を覆う吸音塗料によって、1メートル程度離れている人には、声はほとんど聞こえないが、通話相手には内蔵マイクで音声を届けられるという。

「アクティブモード(音声マスキングモード)」では、マスクの周囲にある4つのスピーカーが声の強さに合わせて変調して、話し声を覆い隠す「マスキングサウンド」を生成します。

「Hushme」は、スマートフォンの専用アプリと同期して、ライブラリからマスキングサウンドを選択したり、カスタマイズしたサウンドをアップロードしたり、音量を調整したりすることができます

マスキングサウンドとして、風の音や海の音、はたまたダースベーダーやR2D2の音声を鳴らす事が出来ます。

実際に使用している動画

気になった方はこちらから購入できます。

価格やスペックは以下の通りです。

リターン(返礼品)一例:
「Hushme本体+交換用マウスピース1個+microUSBケーブル +オーディオケーブル」1万8500円(送料込)先着30名、

「Hushme本体+交換用マウスピース1個+microUSBケーブル +オーディオケーブル」2万4035円(送料込)

商品スペック
・Bluetooth 4.0
・バッテリー:3.7Vリチウムポリマー
・スタンドバイ時間:22日以内
・通話時間:20時間以内
・音楽再生可能時間:24時間以内
・充電時間:2時間以内
・定格入力電圧:DC 4.75V〜5.3V、500mA
・利用可能周波数:2402GHzから2480GHz

1