1. まとめトップ
  2. おもしろ

事なきを得た…みんなが語る『ピンチを逃れた話』が面白い!

長い人生を生きていると窮地に追い込まれた局面は誰にでもあると思われますが、様々な対応によって「ピンチを逃れた話」にまつわるツイートを紹介します。

更新日: 2019年01月31日

41 お気に入り 217147 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Twitterユーザーの皆さんが報告した、様々な策によって"窮地"を逃れたエピソードをまとめました。

justastarterさん

◆『バイト中』の話

バイト中の暇な時間にニャンちゅうのモノマネをしていたら急に入店してきたお客さんに「お゛お゛ぉ゛ん!」 と言ってしまった だがとっさの機転で「お゛お゛ぉ゛ん!」を連発して咳払いに偽装し、続けざまに「い゛ら゛っしゃい゛ま゛すぇ!!」と言ってそう言う地声なんだと思わせる事で事なきを得た

@nichigeckoh 後に「ニャンちゅうの居るお店」として繁盛しましたとさ…めでたしめでたし?( ˘ω˘ )

@nichigeckoh FF外から失礼します 自分もバイト中、暇すぎて店内で「アッフィファ‼」とグーフィーのものまねをした直後トイレからお客さんが出てきて頭が真っ白になったのを思い出しました

◆『仕事中』の話 【2選】

夜、労働場に誰も居ないと思って、一人でミクスチャーハードコアみたいな音楽を即興で口ずさんでいたら、社員と鉢合わせ。恥ずかしさをごまかすために「ヴォ疲れさまデェス!! 」と時折見せる陽気な一面とデスボイス(少々)をミックスしてその場を乗り切った。ホント、音楽って素晴らしいですね。

職場でゲイAVを大音量で流してしまったことがありますが「マキシマムザホルモンの新曲」って言い訳で難を逃れたことがあります

@TaPg8xe3nJKn50S 「ごめん」よりも「ありがとう」の方が強いっすありがとうマキシマムザホルモン

@koharu_manpuku 「職場でホルモンの曲を大音量」もなかなかのヤバさレベルなような、、、?ww

@koharu_manpuku 良かったですね! 自分は昼休憩中にアイドルのshowroomを観ていて、休憩が終わっても良い所だったのでチャイムが鳴り終わるギリギリで切ったつもりが電源押しただけのバックグラウンドで状態。明けの昼礼で上司が話してる時によりにもよってそのアイドルが「にゃ〜ん」とか言うから無事死にました…

◆『中学生の頃』の話

中学生のころ近所の雑木林にエロ本を拾いに行ったら 、雑木林をボランティアで掃除中のPTAの一団と出くわしてしまい、あたかもゴミ拾いに自主的に参加しに来た意識の高い中学生のふりをしてその場を乗り切ったことがある。

◆『高校生の頃』の話

僕はなぜか突如変に思い切った行動をとるところがあって、高2の頃チャリで下校してたら他校のクソいかついヤンキー2人組に絡まれたときそいつらに中指を立てて逃げ切ったという武勇伝があるんですけど、後日普通に出くわしてしまいボコボコにされかけたところをイカの駄菓子を買って許してもらった

◆『カツアゲ』された話

昔カツアゲされて「金持ってるだろ?出せよ…」って言われて「金玉ぐらいしかないです…」って言ったら「いい根性してるな!」って言われて金玉揉まれて助かった事ある!

◆『遭遇してはいけない人』と鉢合わせになった話 【2選】

あたいを指名してくれたお客様とデートで手を繋いで新宿歩いてたら、お客様の奥様と偶然出会ってしまって、さすがにゲイ風俗のボーイとは説明できないから「俺の会社に就労ビザで来てるチン君だよ」っていきなり説明されて「ワタシ、シャッチョサン、スキ」ってすぐに言えたあたい。

1 2 3