1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

"奈良判定"など不正音声データ公開‥山根会長辞任後に新たにわかったこと

日本ボクシング連盟の山根明会長が8日に開かれた記者会見で「辞任」を表明しました。一方で、日本ボクシング連盟の都道府県連盟の有志らによる「日本ボクシングを再興する会」が都内で会見を開き、"奈良判定"など不正の音声データ公開しました。

更新日: 2018年08月08日

10 お気に入り 56374 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●日本ボクシング連盟が助成金の流用や不正判定などを疑われている問題

ボクシング連盟・山根明会長、インターハイの来賓席で一人だけ革張りの椅子…関係者「指定なの」と苦笑い dlvr.it/QdPs6V pic.twitter.com/9rvjQ9blnC

アマチュア選手を統括する日本ボクシング連盟が助成金の流用や不正判定などを疑われている問題

都道府県連盟の幹部や元選手ら333人が名を連ねた告発状が日本オリンピック委員会(JOC)や日本スポーツ協会などに出され、アマチュアボクシング界は大揺れ

・告発状の主な内容とは?

告発状では、同連盟がアスリートの助成金の不正流用や、試合用グローブなどの不透明な独占販売、公式試合における組織的な審判不正を行っていると指摘。

また、ボクシングの国体での隔年実施開催への格下げに対し、同連盟が何の対策も施していないことを訴えている。

助成金の目的外使用を指摘された今年5月に、連盟幹部が成松選手と面談した際、複数の幹部が、

「会長の命令っていうと、おかしくなっちゃうから」「あなたが(自分の意思で)分けてやったと言ってくれるとうれしい」などと、同選手に隠蔽をそそのかした疑いも浮上

・2016年には、岩手県の選手が奈良県の選手と戦い、僅差の判定が波紋を呼んだ

二〇一六年十月に行われた岩手国体での成年男子バンタム級1回戦。岩手県の選手が奈良県の選手と戦い、最終3ラウンドに二度のダウンを奪った。

だが、三人の審判員の判定では、僅差で岩手県の選手が1-2で敗れた。満員の会場から判定に対する不満で怒号が飛び、「また、奈良判定が出た」という言葉が聞かれた。

●その山根明会長が8日に開かれた記者会見で「辞任」を表明

日本ボクシング連盟の山根明会長、辞任表明 「嫁から面倒みてあげるから楽になってと言われた」|BIGLOBEニュース news.biglobe.ne.jp/sports/0808/bl… pic.twitter.com/J6HHCgvJT9

日本ボクシング連盟の山根明会長が8日に開かれた記者会見で、「辞任」を表明

そのうえで「選手の皆様には、このような問題があったことに関して、会長として申し訳ない」と謝罪

助成金の不正流用や不正判定疑惑、自身の反社会的勢力との交友などさまざまな問題を抱えていた。

山根会長は、都道府県連盟の幹部らによる告発状で不正疑惑を指摘され、助成金の流用の事実は認めた。

・「嫁に面倒をみていくから、楽になってくださいと言われた」と説明

・さらに東京五輪について「将来東京五輪に参加できなくても、その次の五輪があります」と発言

●ネットでは、会長の辞任発表に様々な声が上がっている

1 2 3