1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼本格的なサメ映画が9月に公開される

全長23mの超巨大ザメが現代に蘇る!ジェイソン・ステイサム主演のモンスターパニック映画『MEG ザ・モンスター』が9月に日本公開 jp.ign.com/the-meg/24874/… pic.twitter.com/7jdem1hyIv

本作はアドベンチャー映画『ナショナル・トレジャー』シリーズでメガホンをとったジョン・タートルトーブが監督を務める海洋パニック超大作。

200万年前に絶滅したはずの超巨大ザメ“メガロドン”、通称“MEG”が人類に牙をむくさまが描かれる本作。

この映画めっちゃ見たいんだけど 映画『MEG ザ・モンスター』本予告【HD】2018年9月7日(金)公開 youtu.be/KsPZXfX5qn8 @YouTubeより

人類未踏の地「マリアナ海溝」を超える深海が見つかり、探査チームが送り込まれる。そこには未知なる世界が広がっており、探査チームは大いに喜んだものの、彼らは途中で巨大な“何か“に襲われてしまった。

平和なビーチはMEGの出現により地獄へと一変。船ごと丸飲みにしそうなほどの口で人間を襲撃するMEGに、ステイサム演じる深海レスキューダイバーのジョナス・テイラーらが立ち向かう。

映画に登場する通称“MEG”(メグ)も、全長23メートル、体重20トン、歯の大きさ25センチという超巨体。

「MEG ザ・モンスター」は、9月7日より東京・丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国で公開。

『MEG ザ・モンスター』を試写で一足先に拝見しました。ステイサムvs巨大サメという夢の共演。巨大サメに対して真正面から激突する相変わらずのステイサム節でハートビートが止まらない。ステイサム映画、サメ映画、更にはモンスター映画としてもかなり満足するこの夏にピッタリな出来に仕上がってます pic.twitter.com/l8pjP0Uy5B

#MEGザモンスター の豆知識。 映画『MEG ザ・モンスター』のメガロドンは、原作だと体色が殆ど真っ白で発光しているとのこと。しかし映画では、薄茶色の体色をしている。 pic.twitter.com/1WfIqBxnUu

▼斬新な発想で話題となったサメ映画

2013年に米syfyチャンネルで放送された「シャークネード」シリーズは、サメを空から大量に降らす奇想天外な発想や、ダイナミックな画、チェーンソーでサメに立ち向かう主人公の破天荒さなどが大きな話題となった。

武器を手に空を舞うサメをまっぷたつにしたり、ヘマして食べられちゃったりなんてシーンが次から次へと映し出され、サメ映画の元祖である『ジョーズ』(75)の“来るぞ来るぞ”的な展開とはまったく異なる楽しさ。

そんな人気シリーズの最新作が劇場公開される

シリーズ最新作にして完結編となる本作の監督を務めるのは、『シャークネード』シリーズを手がけてきたアンソニー・C・フェランテ。

シリーズ初となる劇場上映はアトラクションシアター「4DX」対応となっており、風や水、香りなどの環境効果でシャークネードの世界をよりリアルに感じられるとのこと。

シャークネード第6弾、まさかの日本劇場公開が決定!しかも4DX! cinematoday.jp/news/N0102639 @cinematodayより 嘘だろおい!!!ぜってー観に行く!!!!!クソ楽しみじゃねえか!!!!

シャークネード最新にして最終作が4DXで公開されるから嬉しい

▼今でも人気の高い本格サメ映画

『ディープ・ブルー』は太平洋上の海洋医学研究所を舞台に、実験によって高度な知能を得た巨大サメと、嵐で施設に取り残された人々の攻防を描いたアニマルパニック。

賢くなったことにより、どこか人間的な悪意を感じさせるサメの不気味さ、ここぞという感動シーンで登場人物を切り捨てるショッキングな展開が印象的な本作。

当時の最新技術で表現されたサメの迫力や、誰が犠牲になるか読めないストーリー展開に加え、サミュエルの演じるキャラクターが決めセリフを言おうとした瞬間に大変なことになってしまう衝撃映像などで観客に大きなインパクトを残した。

1 2

関連まとめ