1. まとめトップ

キャリア優先、自分優先!?未婚を選ぶ女性の特徴

結婚したくてもしないのではなく、結婚できる状況にありながらも自らの意思で結婚を避ける女性たち。仕事ができ自立しているといった経済的に余裕のある女性に多いようですが、過去のトラウマから男性不信に陥ってそのまま未婚を選択などいろいろと理由があるようです。

更新日: 2018年08月10日

2 お気に入り 4768 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・自由を謳歌したい

結婚とは束縛である、と言いますよね。

夫や子供、社会の常識や様々な煩わしい付き合い……

結婚指輪というのは、夫婦の絆を確かめるためのものであると同時に、相手を縛りつけて離さないための束縛の印でもあると言います。

結婚をしない人生を選んだ結婚しない女性は、その束縛からの自由を手に入れている存在です。

時間もお金も、家族というものに煩わされることなく、人生のあらゆるものを自由に自分のために使うことができるのが、結婚しない女性の楽しみです。

結婚しないことでの寂しさはあっても、それを上回る自由気ままな生活はなかなか手放すことはできないものです。

・キャリアを捨てたくない

どうしても結婚して子供を産むと、女性は仕事上のキャリアをどこかで諦めなくてはなりません。

仕事か家庭か、という人生の選択を考えた時に、自分が一生懸命に積み上げた仕事上のキャリアを捨てることを良しとしない女性がいるのも事実です。

結婚して子供を産んで、仕事上のキャリアも捨てないで済んでいるという女性も時々いますが、そういった人は親が子育てを手伝ってくれたり、夫が家事を主に担当してくれたりして、仕事に専念できる環境が整っている場合に限ります。

多くの女性は現在の日本では仕事か家庭か、どちらかの人生を歩むのか選択せざるを得ないのが現状。

その中で仕事上のキャリアを選んだ女性も多くいるのです。

・出産適齢期を逃した

大学を卒業して、夢中で仕事をしていると、あっという間に30歳40歳になってしまうものです。

しかし女性には妊娠・出産のタイムリミットというものがあります。

出来れば35歳までに、少なくとも40歳前には産んでおかないと、さまざまなリスクが高くなる高齢出産になってしまいます。

でもキャリアウーマンの中には、仕事を頑張っていて気が付いたら、40歳を過ぎていた。

今から婚活して結婚できたとしても、高齢出産になるので出産もできない、ふと自分の人生の選択を振り返った時にその現実に気が付くことがあります。

子供を産めないことに気が付くと、結婚することを諦めてしまう女性も多くいるようです。

・キャリアウーマン

結婚しないという決断をすることは、何かあっても夫の収入に頼ればいいという、結婚した女性が持てる甘い人生を持てないということです。

老後も自分を支えてくれる子供がいないので、死ぬまで自分の収入だけで頑張らなくてはいけません。

また家族に割く時間も必要ありません。

自分のために使う時間以外は全て仕事に捧げることができます。

だから他の男性と同じくらい出世もできます。

それなりに仕事で評価されて、貯金もあるキャリアウーマンだというのが結婚しない女性の特徴です。

・男性に頼らない

多くの女性が結婚して、男性と一緒に生活をすることを選択する中で、結婚しない女性というのは、男性に頼らずに生きていこうという気概を強く持っています。

やはり体力的な面や社会的な信用度といったものでは、男がいるかいないかで、世間の目も変わってくるところがあるのですが、結婚しないことを決意した女性というのは、そんなものも吹き飛ばしてしまうのです。

・ひとりを楽しむ

結婚しないということは、仕事が終わって家に帰っても、休日も、一緒に過ごす家族がいないということです。

彼氏や友人はいたとしても、家族として一緒に暮らしていなければ、常に一緒にいるという訳ではありません。

一人でいる時間が長くなる分、その時間を楽しむことができるのも、結婚しない女性の特徴です。

女性の中には誰かと一緒にいなくては寂しくてたまらない、という人も多い中、ある意味精神的に大人だと言えるでしょう。

・こだわりが強い

魅力的でモテそうなのにずっと独身、という女性芸能人ってたくさんいますよね。彼女たちが結婚しない背景には、“こだわりの強さ”があるかもしれません。

たとえば、石田ゆり子さんは、ペットを溺愛しており、「動物好きの人じゃなきゃイヤだ」と公言しています。また、深津絵里さんはひとりの時間が好き。井森美幸さんは潔癖症……などといわれています。

“ここは絶対に譲れない!”というこだわりが強い人も、生涯独身になりやすいといえるでしょう。

・恋愛体質

日本では一夫一妻制がとられていますから、いつでも自由に恋愛を楽しみたいという女性は、結婚向きとはいえません。

戸籍やひとりの男性に縛られず、ずっとトキメキを忘れずに生きていく……というのもひとつの生き方ではあるでしょう。

・実家依存

生涯独身女性で今後、増えそうなタイプは“実家依存”です。

30代、40代になっても実家暮らしで家事は親まかせ。それでいて、収入はすべて女子会や海外旅行、ショッピングなど自分のお楽しみに使う……。

そうした生活があまりにも居心地がよいと、親から自立して自分の家庭を築こうという意欲が起こらず、そのまま独身生活を謳歌し続ける可能性があります。

1 2