1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

カニ寿司さん

くびれ

くびれは結局のところ、「バランス」。どれだけウエストが細くても、バストもヒップもタイトだとくびれては見えません。反対に、少しぽっちゃり目でもバストとヒップにボリュームがあれば、バランスがよくくびれて見えます。

目安として、ウエスト : ヒップのサイズが「7 : 10」が理想と言われています。あなたのくびれはどうでしょう?

ウエストがくびれると、どんなメリットがあるの?

憧れの服がかっこよく着れる

30代、40代と歳を重ねていくと、昔ほど好きな服が着られなくなっていませんか?ぽっこり出たお腹や崩れがちなボディラインが目立ってしまうから…ついついお腹周りが隠れるような服を選んでしまったり。

ウエストのくびれができれば、ゆったりラインの服に頼らなくても、ピタッとフィットした服でも自信を持ってまた着られるはず!

くびれているだけでメリハリボディに見える

くびれがあればボディにメリハリが出来るので、全体的に細く見えるというメリットがあります。

ウェストのサイズが同じだったとしても、バストやヒップも細いと全体的に寸胴に見えてしまいますが、くびれがあるとそれだけでスタイルがよく見えるから不思議です。

バストアップして見える

くびれができると、バストサイズに変化がなくてもボリューミーなバストに見えます。
日本人女性は一般的にスレンダーですが、バストやヒップも控えめなことに悩んでいる人も多いのでは?ウエストがくびれるとバストが強調されるので、バランスのいい女性的なボディが手に入りますよ。

姿勢がよく、若く見える

ウエストがくびれていない人は総じて猫背で姿勢が悪い人が多いようです。それは腹筋を使えていないから。

くびれのある人は腹筋が使えていて体幹がしっかりしているので姿勢が良いのです。姿勢が良いだけでぐっと見た目も若くなるんですよ。

見た目年齢を下げるためにも姿勢はとても大切だということですね。実際に、姿勢が悪いと老けた印象になると感じている女性が多いようです。

ウエストをくびれさせるためのエクササイズ

それでは毎日簡単に続けられるウェストのくびれを作るための脇腹エクササイズをご紹介しましょう。簡単なものばかりなので、楽々くびれを作ることが出来るでしょう。

ひとつでもいいですし、時間があればいくつか組み合わせてやってみて下さい。慣れてきたらちょっと上級編のものにも挑戦してみて下さい。

簡単な腹筋を鍛える運動

1,仰向けに横になります。
2,両膝を曲げて、足を上に上げます。
3,両手を後頭部に当てて、左膝と右肘をくっつけます。
4,反対も同様に、交互に繰り返しましょう。

あえて回数は制限しません。できるところまで、やってみてください。

レッツ、トライ!

お家でできるお尻歩き運動

① 両膝を伸ばして床に座ります。
② 片足を前方に伸ばすようお尻を使って出します。
③ 反対も同じように。繰り返していくと前に進みます。
④ 30回ほど繰り返したら、同じようにバックします

3分間ほどを目安にします。くびれのほか、骨盤矯正や下半身の引き締め効果も。時間を取って行ってもいいですし、家の中のちょっとした移動に取り入れてもOKです。

腰回し運動

① 肩幅より少し広めに足を開いて立ち、腰に手を当てます。
② 少し膝を曲げ、円を描くように腰を回します。上半身は動かさないようにするのがポイント。うまくできないときは、「腰に浮き輪がはまっていて、その浮き輪をなぞるように」とイメージするとやりやすいでしょう。
③ 30回ほど回したら逆方向も同様に。

骨盤の位置を正しくすることでぽっこりお腹の改善も期待できます。

腹筋エクササイズのフルコース

さぁ、まだ頑張れますか? 勢いで全部やっちゃいましょう!

これでもかというくらい腹筋をきたえ抜くエクササイズをご紹介します。

1 2