1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

6万5000円払った!?…ねぶた祭り期間中『駐車料金値上げ』の是非

外国人観光客からも熱視線を浴びている青森県のねぶた祭り期間中に1時間5000円に駐車料金を値上げしたことで話題をあつめ6万5000円払った人もいたそうです。このケースはともかくとして、遠くから観に来る人の需要にどれだけ応えられるかが今後の課題といえそうです。

更新日: 2018年08月11日

7 お気に入り 53111 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・先日、終了した青森ねぶた祭り

ねぶた祭は280万人で前年比2万人減。青森観光コンベンション協会は「土日に雨が降って気温が下がって人出が減ったが、極端に少なくはない。例年通りだ」と総括する。

最近の青森県は?

2017年には外国人延べ宿泊者数(従業員10人以上の施設)が23万9150人を記録し、宮城県を抜いて初めて東北1位に輝いた。

外国人宿泊者数の前年比においては伸び率67%を記録し、全国の都道府県で最も高い数値を弾き出すなど、外国人観光客からも熱視線を送られている注目の都道府県になりつつある。

・そして今年も熊本へ出張する

県内外の祭り関係団体有志でつくる「復興ねぶた協議会 纏組(まといぐみ)」(外崎玄会長)は今年も、熊本市で「熊本復興ねぶた」(9月1、2日)を開催する。

今夏の青森ねぶた祭に出陣した大型ねぶた1台が熊本城近くの広場を練り歩き、大地震の被災地を活気づける。

昨年は、2日間開催の予定が台風の影響で1日のみでしたが、2万人以上が来場し、大盛況のうちに終了

豪華絢爛で壮大なねぶたの迫力と力強さとともに、熊本の食を味わいに、熊本へ出かけませんか?

・さて、そんなねぶた祭りに気になるニュースが…。

「特別料金のお知らせ」「終日 60分5000円」。テレビ映像などを見ると、駐車場内の看板や駐車券の発券機のところには、こんな貼り紙が掲げられていた。

・高額な駐車料金、どう思う?

あ~あ、駐車場の問題が全国ニュースになった。知人も一晩五千円には憤慨していた。「ねぶた価格」の是正無くして祭り改革なんてあり得ないよ。

青森の伸び率1位なのは純粋にすごいけど だからといってねぶたの駐車代金5千円は高すぎると思うよ うん。 わざわざ北の端まで来てくれたのになんでそんなとるのえとは思うよね。 美味しいものいっぱいあるから来て損はないと思うけどね

ねぶた祭り開催中の駐車場はぼったくり‼︎ ねぶた祭りに行かなくても地元の祭りに行った方がぼったくられなくて済む。 高齢者、身障者に不親切なねぶた祭り開催中のパカラ運営の駐車場。 パカラ運営の駐車場に止めるのはやめよう。

・ホテル宿泊者の駐車スペースを確保するための料金設定だという

駐車場は近くのホテルJALシティ青森と提携しており、ホテル宿泊者の駐車スペースを確保するための料金設定だった

ちなみに、通常料金は、時間帯によって20分100~200円で、日中は最大でも700円となっている。

駐車場の管理会社「パラカ」(本社・東京)は取材に対し「利益目的で価格を上げたのではなかった。一般の人が利用するのは想定外だった」と釈明している。

同社は返金を含む今後の対応について「ホテルと協議の上で検討する」とした。

・このケースについてはこんな意見も

JALぼったくる ねぶた祭のコイン駐車場、1時間5千円 普段の16倍超 。総支配人「問題ないと思った。」 pic.twitter.com/sGKOuaffBP

1 2