1. まとめトップ

料理に重宝されるお野菜サツマイモ

お惣菜に、スイーツに、お酒に、様々な用途で使われ、愛されるサツマイモのグルメ情報まとめです。

更新日: 2018年08月12日

1 お気に入り 291 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

家庭料理に欠かせないお芋ですね。

moepapaさん

サツマイモとは

サツマイモ(薩摩芋、学名: Ipomoea batatas)は、ヒルガオ科サツマイモ属の植物。あるいはその食用部分である塊根(養分を蓄えている肥大した根)。別名に、甘藷(かんしょ)、唐芋(からいも、とういも)、琉球薯(りゅうきゅういも)、とん、はぬす等がある。近縁の植物に、アサガオやヨウサイ(アサガオ菜)がある。

鹿児島県、茨城県、千葉県、宮崎県、徳島県が全国のトップ5県。この内、上位4県で全国の8割を占め、とりわけ鹿児島県は全国の生産量約81万トンの4割弱を産する。同県ではデンプン原料用としての作付けも多い。産地の偏在にはいくつか理由がある。まず、サツマイモの栽培に適した水はけの良い火山灰を含んだ土地が鹿児島に広がっていること。また、サツマイモは地上に実を付けないため、比較的風害にも強く、台風がしばしばやってくる鹿児島では、風害に強い点が他の作物よりも有利だったこともある。

主に塊茎(芋)の部位が利用される。また、葉や茎も食用にでき、これらは主に炒めものや、佃煮、かき揚げなどの天ぷら素材などにして利用される。
デンプンが豊富で、エネルギー源として適している。また、ビタミンCや食物繊維を多く含み、加熱してもビタミンCが壊れにくいという特長がある。しかし、タンパク質の割合が低いなどの理由で、サツマイモばかり食べていると、カロリーベースでは身体を支えることができても、栄養失調(特にタンパク質の欠乏)に陥るという欠点も併せ持っている。

60℃程度で長時間加熱すると、デンプンを糖化する酵素が働いて甘味が増す。石焼き芋やふかし芋はこの性質により甘味を最大限引き出す調理法である。また天ぷら、スイートポテトや大学芋、栗金団、スナック菓子、干し芋などに加工されることが多い。生のまま日光に晒しておくことにより、より甘味度が増す。灰汁(ポリフェノール)が多いので、切ったらすぐに水に晒す。

おいしいサツマイモ料理

定番は焼き芋。材料はサツマイモのみで、石焼やオーブンで焼くだけでホクホクのおいしいイモが出来上がります。

熱が加わると甘くて柔らかくなるので、家庭の天ぷらダネなどにも重宝されています。

スイーツにも

1 2 3