1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

『過保護のカホコ』も!秋の「スペシャルドラマ」特番が豪華すぎる

2018の秋のSPドラマ特番が充実&豪華キャスト。高畑充希×竹内涼真『過保護のカホコ ~2018 ラブ&ドリーム~』、妻夫木聡×井上真央『乱反射』、北川景子×北村一輝『指定弁護士』、佐藤浩市×天海祐希『Aではない君と』、内野聖陽『琥珀の夢』、阿部寛『遙かなる山の呼び声』、『渡る世間は鬼ばかり』。

更新日: 2018年11月01日

16 お気に入り 82301 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『渡る世間は鬼ばかり 三時間スペシャル2018』(9月17日、TBS)

1990年にスタートしたTBS系長寿ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』が今年の秋「特別企画 橋田壽賀子ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』三時間スペシャル2018(仮)」として放送される。

2011年に1年間の連続シリーズが終了した後も単発番組として放送している同ドラマ。この秋放送予定の最新話が通算510回目の放送となる。

2017年の放送では「幸楽」が新装開店する中、眞(えなりかずき)の妻・貴子(清水由紀)の家出騒動が発生し、小島家や五月(泉ピン子)が大きく揺れた。

今作では、誠(村田雄浩)と愛(吉村涼)夫婦が中心となって「幸楽」を切り盛りする中、勇(角野卓造)が怪我をしたために、五月まで一緒に店を休むことに。勇がリハビリをする間、眞・貴子の家に住まわせてもらおうと五月は期待している。だが、勇・五月夫婦と眞・貴子夫婦の思惑は次第にずれていく...。

◆『過保護のカホコ ~2018 ラブ&ドリーム~』(9月19日、日本テレビ)

2017年7月期に放送された高畑充希主演の連続ドラマ「過保護のカホコ」が、9月19日(水)にSPドラマ「過保護のカホコ ~2018 ラブ&ドリーム~」(夜9:00-10:54、日本テレビ系)と題し復活。

放送終了後には、ネット上が“カホコロス”というワードでにぎわうほどの人気ぶり。その反響を受け、今回の続編の放送が決定した。

最終回では自身を取り巻く過剰な庇護から卒業し、めでたくハジメとの結婚を果たしたカホコ。スペシャルドラマ「過保護のカホコ ~2018 ラブ&ドリーム~」では、愛する家族のために奔走するカホコを通して、夢と愛の両立や新しい家族の愛の形が描かれる。

前作と同じく遊川和彦が脚本を担当し、主題歌も星野源の「Family Song」に。日暮謙が演出を手がける。

◆『指定弁護士』(9月23日放送、テレビ朝日)

北川景子がドラマ「指定弁護士」で北村一輝と共演、脚本は「相棒」の櫻井武晴(コメントあり) #北川景子 #北村一輝 natalie.mu/eiga/news/2949… pic.twitter.com/NnGkR0SVxI

北川景子が9月放送のドラマスペシャル「指定弁護士」(テレビ朝日系)で初の弁護士役を務めることが明らかになった。ドラマでは、そのバディとなる検察官を北村一輝が演じる。

本作は、“指定弁護士”となった京都の弁護士とバディの検察官が、事件の真相と自らの道をつかんでいく本格リーガルドラマ。

「指定弁護士」とは、検察が“不起訴”にした容疑者を、市民による「検察審査会」が2回続けて“起訴すべき”と判断した際に検察官役として指定される弁護士のこと。検察が何度も「白」と判断した事件を「黒である」と主張することは、ほぼ負け戦でしかない。

「相棒」「科捜研の女」といったドラマや劇場版「名探偵コナン」シリーズで知られる櫻井武晴が脚本を執筆した。

◆『乱反射』(9月22日放送、テレビ朝日)

妻夫木聡がドラマ「乱反射」で井上真央と初共演、監督は石井裕也(コメントあり) natalie.mu/eiga/news/2947… pic.twitter.com/LJqAgip5aw

妻夫木聡と井上真央の共演で貫井徳郎による小説「乱反射」がドラマ化。「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の石井裕也が監督を務める。

第63回日本推理作家協会賞を受賞した「乱反射」は、ある事故で最愛の息子を失った夫婦が真相を追うミステリー。

地方都市で起きた幼児死亡事件の真相を追う物語で、妻夫木は息子の死の原因を追求する新聞記者・聡に、井上はその妻で義父の見舞いや折り合いの悪い姑に疲弊する光恵にふんする。

脚本は石井とドラマ『嫌われ松子の一生』(TBS)やドラマ『小さな巨人』(TBS)で知られる成瀬活雄が共同で手掛ける。

◆『Aではない君と』(9月21日放送、テレビ東京)

1 2