1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『カメラを止めるな!』に続くか!?期待のインディーズ映画

異例の拡大公開が話題のインディーズ映画『カメラを止めるな。』。元々、国内外の映画祭で絶賛されていた作品だが、同様に前評判は高いものの、公開時は小規模上映される期待のインディーズ映画4作品。『あみこ』、『ダウンレンジ』、『飢えたライオン』、『ウルフなシッシー』。

更新日: 2018年11月02日

67 お気に入り 69744 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆異例の拡大公開が話題のインディーズ映画『カメラを止めるな!」

わずか2館から公開が始まったインディーズ映画『カメラを止めるな!』が、全国47都道府県で上映されることが決まり、累計の上映館数は150館まで拡大した。

指原莉乃さん、斎藤工さん、生田斗真さん、伊集院光さんといった著名人が絶賛。口コミが広がり、その結果、公開7週目にして観客動員数ベスト10にランク入りしたわけです。

◆元々公開前から、国内外の映画祭での評価は高かった

「ウディネ・ファーイースト映画祭」

上田慎一郎監督(左)

4月に出品されたイタリア「ウディネ・ファーイースト映画祭」では5分間のスタンディング・オベーションという大歓迎を受け、シルバーマルベリー(観客賞2位)を受賞。

6月にはブラジルの映画祭「Fantaspoa」で最優秀作品賞、先週末には韓国「プチョン国際ファンタスティック映画祭」にてヨーロッパ審査員特別賞を受賞したばかりと、内外で大絶賛を受けている。

◆同様に前評判は高いものの、「小規模上映」の映画4作品

ベルリン国際映画祭で史上最年少での招待作品

▼『あみこ』(9月1日公開)

PFFアワード2017で観客賞を受賞した「あみこ」は、山中がスタッフとキャストをSNSで探し出し、19歳から20歳にかけて独学で撮り上げた処女作。

主人公は「人生がんばったって仕方がない。どこへ行こうが意味はない、どうせ全員死ぬんだから」という人生観を持つ女子高生・あみこ。彼女が、自分と同じニヒリストでありながらサッカー部の人気者でもある“アオミくん”に恋をして暴走していくさまが描かれる。

今年の第68回ベルリン国際映画祭で史上最年少での招待作品となり、その後、香港、韓国、カナダなど世界各地の映画祭に招待され、どの映画祭でも熱狂的な支持を得た。

『あみこ』最高っす。笑って観てたら、後ろから包丁刺されてるみたいな映画だと思います。爆裂的1週間になりそうでこちらまでワクワクする! https://t.co/abx8zbKU5f

とてもとてもとても観たかった映画、あみこが東京でやるって聞いて 早速調べてたけど レイトショーと知ってショック。 すっごく素敵な予告で カメラを止めるな。みたいな社会現象が起きてもおかしくない作品だと思うから観たかった。 大下ヒロトさんを大きな画面で観たかった‍♀️

バレンシア国際映画祭で最優秀脚本賞&若手審査員賞をW受賞

▼『飢えたライオン』(9月15日公開)

フェイクニュース全盛の現代に潜む人間の邪悪な欲望を焙り出すドラマ。

クラス担任が未成年の淫行容疑で警察に連行された。担任の性的な動画が流出し、その相手が瞳だというデマが学校内に流れ出す。最初は軽く考えていた瞳だったが、デマがさも事実かのように広がり、追いつめられた瞳は自殺という道を選択してしまう。

バレンシア国際映画祭にて「最優秀脚本賞」「若手 審査員賞」をW受賞、プチョン国際ファンタスティック映画祭にて 「NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)」を受賞しました。

日本勢大活躍!プチョン国際ファンタスティック映画祭-『アイムクレイジー』『飢えたライオン』『カメラを止めるな!』『聖なるもの』など続々受賞! シネフィル #プチョン国際ファンタスティック映画祭 #アイムクレイジー #飢えたライオン #カメラを止めるな#聖なるもの cinefil.tokyo/_ct/17190839

1 2