1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

この記事は私がまとめました

■就職するならホワイト企業がいい

どうせ就職するならホワイト企業が良いですよね?

■まず、ホワイト企業といえば『離職率』が低いことがあげられます

近年ブラック企業と呼ばれる会社が増えている一方で、ホワイト企業と呼ばれるきちんとした企業も確実に増えています。

当然ながら、ブラック企業であれば残業などがキツく、体を壊す可能性も高いです。そのため入社しても1~2年で離職することが少なくありません。

ホワイト企業は働きがいがあり、居心地がよいので離職率が低く、定着率が高い傾向にあります。

■今回はホワイト企業の離職率が低い理由(特徴)を紹介します

ホワイト企業には多彩な特徴がありますが、中でも特に知っておきたい特徴をご紹介します。

■評価をきちんとしてくれる

理想の企業とは、社員の成長をきちんとサポートし、働きやすい職場環境が整っている企業を言います。

上司の機嫌や好き嫌いで正当に評価されないような制度ではなく、明確な基準があり透明性の高い評価制度が用意されている

評価制度がないと、いくら会社に貢献しても還元されない可能性がありますので、どういった評価制度があり、社員を評価・還元しているのか確認したほうが良いでしょう。

■福利厚生が充実している

福利厚生には、雇用保険や健康保険などの法律で加入が定められているもののほかにも、企業が任意で提供する法定外福利厚生があります。

ホワイト企業では、住宅手当、家賃補助、定期的な健康診断、社員食堂の設置、遺族年金、関連施設の格安利用などの、法定外福利厚生が充実している傾向にあります。

福利厚生が充実しているホワイト企業と悪いブラック企業では、お金に換算すると60万円もの差が開くことが予想されます。

■女性が働きやすい環境

産休や育休がきちんと取れる、女性のスキルアップを推奨してくれる、女性が役職についているなど、こういったことが当たり前にできています。

さらに言えば、女性のキャリアを考えることのできる余裕のある企業でもあります。そういう会社こそ社員のモチベーションを維持でき生産性の向上にも繋がるのです。

■高いノルマを課さない

1 2