1. まとめトップ
  2. 雑学

ストレス減った…みんなの『しんどい時のメンタル対策』が参考になりそう

職場や学校あるいは家庭内などでも様々なストレスを感じたり、しんどい思いをする事があります。休日にゆっくり休んだり気分転換をすることで回復する事もありますが、Twitterでは他にも独特な対処法などがツイートされていましたのでまとめてみました。

更新日: 2018年08月18日

453 お気に入り 201120 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Twitterに投稿された体験談・エピソードや考え方などのツイートのまとめです。

futoshi111さん

◆ストレス半分以上は減った気がする

5年前から、自分の事をアメリカ人だと思って生きることにしてます。 ・定時になったら帰る ・分からないことがあったらすぐ聞く ・他人が何やってても気にしない ・他人にどう思われるかも気にしない それだけで、ストレス半分以上は減った気がする

5年前にテキサス住んで仕事してて会得した実感です。 そもそも「アメリカ人」なんていう主語も大き過ぎるし、皆が皆定時で帰るわけじゃないですけど、そこはTwitterなのでご愛嬌です。 自分の中では明確なロールモデルがいます。VPだったJoeね。

まあ程度問題ではありますが、自分の根底には 「人に迷惑かけないで生きるなんて無理だし」 「自分が思ってるほど他人は自分に興味ない」 という思想があります。

◆夫と分かり合えない時にする事

夫は細かいことにうるさくて私は超おおざっぱなタイプなのですが、分かり合えないときは時はお互いを「おおざっぱ王国の民よ」「神経質な国の住人よ」と呼び合うことで平和に暮らせるようになりました 違う国から来た人だと思えば、相手を変えようなんてこれっぽっちも思わなくなる不思議

【書いた】 "きれい好きの民も散らかし民族も、おおざっぱ王国も神経質な国も、のんびり帝国もせっかち共和国も、色々な国の出身がいるから世界は楽しい。 「分かり合えない」ことは絶望でもあるけど、新たな価値観に出会うチャンスでもある" 潜在的な多様性に目を向けるnote.mu/yuka_atsuta/n/…

@yuka_atsuta 「潜在的な多様性に目を向ける」とても確信をついたいい言葉ですね(^^)

@yuka_atsuta 夫は5歳年下なので、ちょっとイラッとすることがあったら、「1年生だからしょうがないね、私6年生だから許してやるか」って思うようにしています。

@yuka_atsuta @milch0117 自分は結婚して子供も2人いますが、我が家も妻とは性格とか価値観とか違うところありますね! でも、価値観の違いより、妻と出会わなかったことの方がもっと損失は大きかったと思います笑

◆所属コミュニティを増やして!

私よく病むという人がいたら声を大にして言いたいのが、 「所属コミュニティを増やして!」 ということです。 ぼく所属コミュニティが1つの時に何回も潰れたけど、今7〜8くらいコミュニティあるから一気にましになった。 居場所の量が幸福量に比例するのは内閣府のデータでも明らかになってます。

これほんまにそうで、周りの友達とかもさうだから、本当に正しいと思う。 やれコミュニティビジネスだ、やれ人間は繋がってたい生き物だ、というけど、真理なんやろなぁと思う。

@tocolor1 Twitterもそうですし、ちまたで話題のオンラインサロンもそうですし。あとは、家の近所で行きつけの居酒屋やBARを見つけるのもありかもしれません。習い事もいいと思いますよ!

◆「好きな芸人さんのライブがある」

今、割と深刻で先の見えない悩みを抱えているんだけど、「好きな芸人さんのライブがある」とか「面白そうな映画が公開される」みたいなことがあるだけで生きる希望が湧いてくるので、世の中のすべての面白コンテンツクリエイターのみなさんには勝手に心から感謝してる。

@fukazume_taro 人生のズンドコにあっても、おもろい事と美味しいものは心を救ってくれますね。どうぞお身体を大切に、少しでも明るい気分でお過ごしくださいね

@fukazume_taro あれもしなきゃ、これもしなきゃって日々追い込まれながら自身のスキルのなさに落ち込む事も有りますが、小さな楽しみが先に待ってるだけでモチベ保てますし、深爪さんのつぶやき見ては同じ考えの人がいるんだとセルフで承認欲求を勝手に解消してます。

@fukazume_taro 深爪さんも、私にとって「面白コンテンツクリエイター」です。応援しています。

◆外堀から埋めてゆく感じ

靴がピカピカだと姿勢がよくなって特に午前中の気分がよいことに気づいた。こうやって、外堀から埋めてゆく感じで自分の機嫌をとる方法を積み重ねて、わりかし上機嫌で生きていきたい。

1 2 3