① ECサイト (ウェブ/ モバイル)、ソーシャルメディア、マーケットプレイス、実店舗などの複数の販売チャネルで集客ができる。
② すべて販路からの売上げや在庫を一元管理することができるクラウドEC。
③ デザイン性と機能性を兼ね揃えていいて、カスタマイズや管理が簡単。
④ 個人レベルから大企業までビジネスや月商の規模に関係なく対応可能なので、将来的に他のプロットフォームに移行することなく、そのまま使うことが可能。(SNS上や既存ブログ上で販売する月額9ドルのプランから、月商何百億円というようなメガブランドを支えるプランまであり、拡張性はどこまでも。)
⑤ 国内販売から越境ECにも対応。
⑥ オンラインだけじゃなくて、オフライン販売でPOP-UPストアを運営することもできる。(O2O)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

Shopify(ショッピファイ)ってどんなサービス?

日本でじわじわと話題になっているShopifyについて、日本での事例などを交えてまとめてみました。

このまとめを見る