1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ゾクッとする・・トリハダ確実な「怖すぎるホラー映画」がイイね

ゾクッとする・・トリハダ確実な「怖すぎるホラー映画」がイイね

更新日: 2018年10月16日

68 お気に入り 54629 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になる情報をお届けします。

tatsubo1208さん

「永遠のこどもたち」

『永遠のこどもたち』(El Orfanato)は、2007年のスペイン・メキシコ映画。

カンヌ国際映画祭やトロント国際映画祭で上映。アカデミー外国語映画賞スペイン代表作品。

ゴヤ賞では作品賞を含む14部門にノミネートされ、脚本賞や新人監督賞など7部門を受賞。

孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホームとして再建しようと夫のカルロス(フェルナンド・カヨ)、息子のシモン(ロジェール・プリンセプ)とともに移り住んでいた。

だが、シモンは遊び相手のいない寂しさから空想上の友だちを作って遊ぶようになり、その姿にラウラは不安を覚える。

そして入園希望者を集めたパーティーの日、シモンはこつ然と姿を消してしまい……。

「ザ・ウーマン」

「MAY -メイ-」のラッキー・マッキー監督がホラー小説界の異才ジャック・ケッチャムとのコラボで撮り上げたバイオレンス・ムービー。

ケッチャムのデビュー作『オフシーズン』の続編を原作とした「襲撃者の夜」に登場した食人女が再登場し、鬼畜親父と遭遇したことで辿る衝撃の顛末を過激なバイオレンス描写満載に描く。

観る者を恐怖のどん底に突き落とし翻弄(ほんろう)する展開に背筋も凍る。

弁護士クリス(ショーン・ブリジャース)は妻(アンジェラ・ベティス)や子どもたちに囲まれ、何不自由のない生活を送っていた。

ある日、趣味の狩りに出掛けた彼は獲物として野生の女(ポリアンナ・マッキントッシュ)を連れ帰り、倉庫でこの生き者を飼育すると言い放つ。

家族は言われた通り、手足の自由を奪った女の世話をするが……。

「エクソシスト」

『エクソシスト』は、1973年のアメリカのホラー映画。

本国において1973年の興業収入1位を記録した。第46回アカデミー賞の脚色賞と音響賞を受賞した。

題名となっているエクソシストとは、英語で"悪魔払い(カトリック教会のエクソシスム)の祈祷師"という意味。

シカゴにある聖アンソニー教会のトマス神父は、信者のアンジェラから娘のキャサリンに悪霊が取り憑こうとしていると相談される。

若くて現実的なトマス神父は、最初はアンジェラの話を信じていなかったが、悪魔祓いをするマーカス神父の夢を見るようになる。

不思議な力の導きによりトマス神父はマーカス神父と対面、夢で見た悪魔祓いが現実のものと知り、アンジェラたち家族を助けるのが自分の使命だと悟ったトマス神父はアンジェラの家を訪れる。

「インシディアス」

『インシディアス』(原題: Insidious)は、2010年のアメリカ合衆国のホラー映画である。

1 2