「最高傑作!」ある映画ポスターが海外から絶賛されてる

度々デザインが疑問視されることがある日本の映画ポスター。しかしいま「ヴェノム」の日本版ポスターがカッコよすぎると世界で話題になっています。他にも海外で称賛された例が実はたくさんあり、日本のポスター業界の意外な一面に驚かれるかもしれません。

更新日: 2018年08月16日

52 お気に入り 112358 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「映画マーケティング史上最高傑作」

⚠日本発ポスター解禁⚠ これが #ヴェノム だ! ヤツらには<最悪>が良く似合う。 11月2日(金)最も残虐な悪、誕生。 #venom pic.twitter.com/5iWbGbUpK4

11月に公開される映画「ヴェノム」の日本版ポスター。

『ヴェノム』日本公式Twitterアカウントが掲載したこのポスターはすぐに海外でも評判を呼び、各メディアが軒並み賛辞を送っている

「なんて恐ろしいんだ!」「すっかりこのポスターの虜になったし、オタク魂をくすぐられた」と歓び、「これまで見た映画マーケティング史上最高傑作」とまで

ちなみに、米国版ポスターはこれ。オシャレではあるが日本版ほどのインパクトはない。

だいたい酷くなる日本版ポスターだけど、ヴェノムは良い意味で別格の出来。ヴェノムへの本気度が伺えて好き

しつこいって言われるけど言わせてもらう。こんな文字が“最悪”しか入ってないシンプルかつクソセンス高いポスターが日本版ポスターですって言われて信じられる?希少種だよこんなにカッケェポスター絶滅したかと思ってたわ pic.twitter.com/fkO7k27PGg

時には疑問視される日本のポスター

This is the start of something wonderful. From the director of Whiplash starring Ryan Gosling & Emma Stone #LALALAND pic.twitter.com/f2c9VnsVB8

例えば、世界で大ヒットしたミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」。米国版のポスターはこれですが…

んー、日本の映画のポスターって露骨すぎるからなぁ…ポスターにストーリー性出したり、ネタバレ要素出したり、変なところに文字入れたり…… 話題性のあるのを作ろうとしてるのは分かるけど微妙なのばかり…

日本特有のデザインになるワケとは

日本人は賑やかな絵ズラを好む。漫画とアメコミを比べても、台詞がデカデカと書かれ、集中線やオノマトペ(『ドカァーン』とか『ゴゴゴゴ』とか)が派手に描かれているのが日本の漫画

「『受賞歴』『スターが出てる』『感動できそう』『有名人からのコメント』などの安心できる要素も必要」

よくネット上で「海外の映画ポスターがカッコいい」と話題になりますね。経験上日本は情報優先なのかなと思います。デザインを優先して文字情報を減らしたり小さくすると「内容が分からん」「いつ、どこでやるの?」って言われて、それ以上全く見てくれないんだよねぇ。

日本ではポスターが率直に映画の内容を表すものになっていなければ客は来ないと言われている。日本人に足りないのはセンスではなく想像力や冒険心

例えば次のような例が↓

これは「グリーンルーム」という洋画の日本版フライヤー(チラシ)。アーティスティックな仕上がりになっているが、手に取る人はあまりいなかったとか。

[映画ニュース] タランティーノも熱狂!「グリーンルーム」本ビジュアル完成 eiga.com/l/7XRfg pic.twitter.com/OgusLXF8NS

一方こちらも同じ映画のフライヤー。ただこちらは顔写真のアップやコメントなど、より情報量を増やしたデザインになっている。

すると…

「知ってる俳優がいる」「タランティーノのコメントが入ってる」という理由でフライヤーを持っていく人が多い

洋画のポスター化では、ある事情も

「本国だと、公開前にちゃんと告知があるでしょうし、主演女優の認知度もあるので、そのままのビジュアルでも手に取ってもらいやすいと思うんですが…」

本国と比べると出回る情報量に大きな差があるため、ポスターで伝えなくてはいけないことが多くなる。

逆に、日本国内で十分に宣伝され知名度がある「邦画」のポスターには名作と言えるものが多く…

ティーザービジュアル公開!『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』2017年春ロードショー doraeiga.com/2017/ 公式サイト本日オープン! #ドラえもん #映画ドラ pic.twitter.com/CIIMxdJ8V2

映画版ドラえもんや、

映画『シン・ゴジラ』ポスター画像公開、来年7月に上映決定 - 監督はエヴァの庵野秀明 fashion-press.net/news/16252 pic.twitter.com/12jdWxWPEf

シン・ゴジラなどは、究極にシンプルで余白を楽しむデザインになっている。

それを踏まえるとヴェノムの例は異例

1 2