1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『機動戦士ガンダムNT』に『マスカレード・ホテル』も!「注目映画」予告解禁

注目映画の予告編(特報)4作品のまとめ。木村拓哉×長澤まさみ『マスカレード・ホテル』、完全新作『機動戦士ガンダムNT』、中島哲也監督×岡田准一『来る』、弁護士の男性カップルを追ったドキュメンタリー『愛と法』。

更新日: 2018年10月21日

7 お気に入り 20159 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『愛と法』(9月29日公開)

大阪の下町で法律事務所を営む弁護士の男性カップルを追ったドキュメンタリー。

大阪の下町で法律事務所を営むカズとフミは、居場所を失った少年・カズマくんと暮らし始める。

第30回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門作品賞、第42回香港国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞受賞。

予告編には、カズとフミの結婚式の映像や幸せな生活の断片、マイノリティとして社会の理解を得られず悔しさをにじませる場面、それでも社会と戦うことをやめない2人と生き辛さを抱える人々の姿が生き生きと映し出されている。

行定勲監督からは「私の『世界の中心で、愛をさけぶ』ではじめて映画の現場に立ったひかるが映画監督になった! ゲイ夫夫の弁護士のふたりが可愛いらしく捉えられ、マイノリティの2人だからこそ見える世界を描こうという視点が素晴らしい」と、絶賛の声が寄せられた。

◆『機動戦士ガンダムNT』(11月30日公開)

「機動戦士ガンダムUC」から1年後のU.C.0097年を舞台に、2年前に消息不明となっていたユニコーンガンダム3号機を巡る争奪戦が展開される。

メインキャラクター原案を高橋久美子、キャラクターデザインを金世俊が担当し、カトキハジメと小松英司がメカニカルデザインを手がけた。脚本を執筆したのは福井晴敏。吉沢俊一が監督を務める。

11月30日より、全国90劇場で公開されることが決定。新キービジュアル、特報映像、キャストなど新情報も一挙に公開された。

地球連邦宇宙軍の少尉でナラティブガンダムのパイロットであるヨナ・バシュタに声を当てるのは榎木淳弥。ルオ商会特別顧問のミシェル・ルオを村中知、ユニコーンガンダム3号機フェネクスのパイロット、リタ・ベルナルを松浦愛弓が演じる。

新ビジュアルには、ヨナ・ハシュタやミシェル・ルオ、ゾルタン・アッカネンら登場人物3人の姿とヨナが搭乗する主役機のナラティブガンダムを始め、シュナジュ・スタインやユニコーンガンダム3号機フェネクスなど3体のモビルスーツが描かれており、ヨナが手を伸ばす先にはもう1人の存在を確認することができます。

◆『来る』(12月7日公開)

【特報公開】中島哲也の最新映画『来る』得体の知れない”それ”が迫り来る恐怖 - 岡田准一や小松菜奈ら - fashion-press.net/news/37291 pic.twitter.com/YjUix5FXJH

澤村伊智の第22回日本ホラー大賞受賞小説を中島哲也監督&岡田准一主演で映画化。

謎の訪問者をきっかけに起こる奇妙な出来事を描く。

黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡らが共演。劇作家・岩井秀人が共同脚本、『君の名は。』などの川村元気が企画・プロデュースを担当した。

特報は、玄関の風景からスタート。恐怖におののく登場人物たちが矢継ぎ早に映し出され、後半になるにつれ画面に映る血の量も増加する身の毛もよだつ内容となっている。

なかでも目を引くのは、小松と松が演じる真琴と琴子。小松はピンクの髪に首にタトゥー、松は黒髪のストレートで左目に痛ましい傷のある強烈な風貌だ。

全篇に漂う怪しい雰囲気をそのままに、中島監督作らしいスタイリッシュな映像美を感じられる、“最恐エンターテイメント”と呼ぶに相応しい衝撃的な内容のものとなっている。

1 2