1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

akitokineさん

話題のヨーグルトダイエットは、乳酸菌が善玉菌を増やし腸内環境を改善することで便秘解消や体脂肪解消につながり、美容にもオススメの痩せやすい体を作る健康的な方法。

ヨーグルトダイエットの効果を高めるためには、プレーンヨーグルト(砂糖不使用)がおすすめです。

なんでヨーグルトで痩せるの?

ヨーグルトに含まれる「乳酸菌」は体にとってよい働きをする「善玉菌」と呼ばれ、乳糖などの糖類を栄養源にして酸を作り出し、これらの酸が腸を刺激することで便秘予防効果が期待できます。

腸の調子がよくなるということは、腸の運動量が増えるということなので基礎代謝量アップにもなり、痩せ体質にもつながります。

ヨーグルトには良質なタンパク質やカルシウム、ミネラルなども含まれるため、ダイエット時の補助食品としてもよいといわれています。

美容効果

肌荒れなどの肌トラブルは、便秘によって腸内環境が悪化することによって、引き起こされることも原因の一つだといわれています。ヨーグルトには、腸内環境を整え便秘を解消する効果があります。この効果によって、肌荒れなどを予防し改善に導き、美肌への期待が高まるといわれています。

ヨーグルトでプチ断食やり方

・2日間は、毎食ヨーグルト100~120gと、野菜ジュース200~400mlだけを摂る。

・1日に1.5~2リットルの水を300mlぐらいずつ飲む。

・断食明け(3日目)の朝食は、お粥など消化のよいものを食べる。

朝ヨーグルトダイエット

朝食にヨーグルトを摂ることでカルシウムを摂取し、カルシウム不足によって起こる太りやすい体質を改善します。

やり方は、朝起きてすぐにコップ一杯の水を飲んだ後に、200gのヨーグルトを食べます。

プレーンのものをそのまま食べてもよいですが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は糖と一緒に摂取することで吸収がよくなります。

朝食をヨーグルトに置き換える場合、バナナやリンゴなど果物を一緒に食べるようにしましょう。果物に含まれる果糖によりヨーグルトの乳酸菌が吸収されやすくなります。またヨーグルトだけでは昼までもたず挫折やリバウンドの原因になってしまいます。

昼ヨーグルトダイエット

ランチにヨーグルトを加えると、外食などで不足しがちなミネラルが補給できます。この場合、空腹時に食べると乳酸菌の種類によっては胃酸に負けてしまう可能性もあるので、食後にデザートとしてプレーンタイプのヨーグルトを100~150g食べるとよいでしょう。

夜ヨーグルトダイエット

空腹時に食べると、胃酸が多くヨーグルトの乳酸菌が死んでしまうそうです。そのため、胃酸の分泌が少ない食後に食べることを勧めています。

腸の働きが一番活発になるのは、夜の22時から2時の時間帯です。ですから、夕食後に腸内環境を整える効果のあるヨーグルトを食べることは理にかなったダイエット方法なのです。

ホットヨーグルトダイエット

ご飯の前に食べる事で満腹感を感じダイエットに効果的です。また、便秘解消をしたい人は寝る前に食べると効果的です。

ホットヨーグルトを作るのに必要なのは次の3点です。

・プレーンヨーグルト100g
・ハチミツ大さじ1杯
・水少々

「レンジで1分」は、ヨーグルトの量によっては温まりすぎるので、30秒くらいから試してみてください。
毎回温度を計るのも面倒なので、味見してみたときにちょっと温かいと感じるくらいを目指すと良いと思います。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、40度前後で活性化するため、この温度にすることで調整作用が上がります。

腸内環境がよくなり、老廃物を溜めない体質に!デトックス効果はバッチリです!

ホットヨーグルトダイエットの効果は、ダイエットの大敵である「むくみ」や「冷え性」を改善できることです。これは、ホットヨーグルトで腸を温めることにより、血行が促進されて、むくみや冷え性を改善できる仕組みです。

すると、ダイエット効果が高まり、痩せやすくなりますね。

1 2