タバコを吸うことで認知症が起きやすくなり、喫煙により脳の大脳皮質が薄くなる(※4)。喫煙者の大脳皮質は、タバコを吸わない人に比べ、0.07~0.17ミリほども薄く、この脳の変化が元に戻るのには禁煙後25年ほどかかる

出典「喫煙者の脳」やはり異変が起きていた(石田雅彦) - 個人 - Yahoo!ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

喫煙者が語る「タバコをやめない理由」に対して色々な声が出てた

喫煙者に対してタバコをやめない理由を聞いた結果が発表されました。その発表に対してネット上から色々な声が上がっています。

このまとめを見る