1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ビットコイン、イーサリアム、リップル、、、仮想通貨って色々種類がありすぎてよく分かんない!!自分で調べることが大切ですが、かるーく特徴がわかるように、かるーく紹介していきます。執筆時のおおよその時価総額順です。

tsybさん

いわずと知れた、仮想通貨といえばこれ。フィアット(円やドル)から仮想通貨への橋渡し役にもなっているのが現状。

改良版ビットコインとしてプラットフォーム通貨とも呼ばれる。
新たに仮想通貨を発行する機能や、スマートコントラクト(自動で契約や取引する機能)を備えている。

国際送金業界を狙う、送金システム

2017年にビットコインからハードフォークして誕生。ブロックサイズは8MBでビットコイン(1MB)の8倍。

取引手数料無料、トランザクション毎秒100万件という圧倒的な処理能力。

リップルを元に、より個人利用者向けに開発された。

ビットコインの補助的な役割で開発された。ビットコインより承認時間が速く、送金も速め。

オンラインカジノやゲームを扱うプラットフォーム。
カルダノ上で使われる通貨をADAコインと呼ぶ。

USドルにペッグされており、価格はほぼ1ドル付近で推移する。

「ステルスアドレス」と「リング署名」を用いた匿名通貨。

イーサリアム(ETH)からハードフォークしたもの。
基本的には同じだが、こちらには発行上限がある。

IoTに特化した通貨。取引手数料無料。

高い匿名性と、約4秒の高速決済。

デジタルコンテンツクリエイターのための通貨

中国版イーサリアムとも呼ばれる。スマートコントラクト等を備えたプラットフォーム。

独自通貨発行(モザイク)、契約、登記など(アポスティーユ)、など、できることが多い。

スマートコントラクト
IoTとブロックチェーンの融合を目指す

スマートコントラクト
dAppsのプラットフォーム

ゼロ知識証明を用いた匿名通貨

決済サービスに特化した仮想通貨

Javaを言語としているプラットフォーム
サイドチェーン

1