1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

地球からの警告・・・いま「異常気象」が急増してる理由

いま全世界で異常気象が続いています。

更新日: 2018年08月17日

28 お気に入り 50493 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

日本列島で続く異常気象

各地で台風が猛威を振るっており、今年8月は平年に比べかなり台風の発生数が多い

今月(8月)12日の台風15号「リーピ」の発生から5日連続で台風ができたことになり、これは統計開始以来初めてのことです。

インドでも大洪水が発生。警戒レベルが最高に引き上げられた

7~9月はゲリラ豪雨が多発し、都市部での洪水、被害の拡大が深刻化しているという。

死者が900人に上り、インド政府は、軍の部隊を出動させて住民の救助や支援を急いでいます。

15日には州全域で警戒レベルが最高に引き上げられた。避難所に身を寄せている人は数万人に上る。

アメリカでも、史上最大規模の山火事が続いている

アメリカ・カリフォルニア州で続く山火事は、依然衰える気配を見せず、現在も17か所で燃え続けています。

2つの山火事が合流したことから「メンドシノ複合火災」と呼ばれ、8月6日には焼失面積でカリフォルニア州史上最大の規模に達した。

西海岸から中西部の州では、地球温暖化の影響もあって気温が上昇、空気も乾燥するため夏から秋にかけて山火事が多く発生

火災の研究者らは少なくとも20年前、ひょっとすると1世紀も前から、大気中の二酸化炭素(CO2)の増加がより大きな山火事の発生につながると警告していた。

7月、ギリシャで強烈な炎が住宅を焼き尽くした

「火炎放射器のような炎」(英BBC放送)が強風に煽られ、周辺の住宅を焼き尽くし、81人が死亡(7月26日統計)という大惨事に。

山火事を拡大させる原因となった強烈な熱波。地球温暖化によって、このような熱波は世界各地でいっそう頻繁に発生するようになる

スウェーデンでは過去最悪の猛暑に見舞われ、大規模な山火事が発生

過去1世紀以上で最悪の猛暑にあえいでいるスウェーデンでは、家畜農家が干し草不足のため家畜を食肉処理する事態に発展した。

乾燥と猛暑による大規模な山火事も相次いでいる。スウェーデン全域44カ所で火災が発生し、スウェーデン政府は国際社会に支援を要請

アルジェリアでは、アフリカ大陸史上最高値の気温に

1 2