江戸時代には各地で種々のちり紙が生産され、鼻紙、包み紙、紙袋、壁紙、屏風(びょうぶ)や襖(ふすま)の下張りなどに広く用いられた。

出典ちり紙(ちりがみ)とは - コトバンク

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

いったいなぜ?日本人の「ティッシュ消費量」は世界一らしい

なんと!日本のティッシュ消費量は世界一らしいです。いったいなぜ?

このまとめを見る