第一次世界大戦が終戦となった1924年以降、ティッシュペーパーの在庫は大量に余っていたため、アメリカにあるキンバリー・クラーク社が、メイクを落とす消耗品として、クリネックスティシューを販売

出典ポケットティッシュの歴史 | おすすめ記事|ポケットティッシュ工場

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

いったいなぜ?日本人の「ティッシュ消費量」は世界一らしい

なんと!日本のティッシュ消費量は世界一らしいです。いったいなぜ?

このまとめを見る