1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

こわい話のまとめです。女の人にまつわるものをまとめました。

・怖い話は色々ありますが

今回は女の人にまつわる怖い話をまとめてみました。
結構ゾクッとするものもあります。
では、どうぞ

・雨の日にいる女

大学時代に友人が引っ越したというので、冷やかしも兼ねて数人で押しかけることにした。
友人のアパートは、大学生の下宿先としてはまぁこんなものだろうな、というレベル。新築というわけではないが、古すぎるわけでもない。

アパートは三階建てだった。入り口に狭い階段があって、奥には一階の部屋につながる通路がある。
その向こうは駐輪場らしい。
友人の部屋は二階の角部屋だった。

その日は小雨が降っていて、近所のスーパーで買い込んだ酒やつまみをぶら下げながら、友人らとそのアパートに押しかけた。

入り口の階段のところで荷物をいったん置いて、傘をたたんでいると、友人の一人が「わぁっ」と悲鳴を上げた。

「えっ、ちょっと何?どうした?」
「…いや、ちょっとびっくりした」

気まずそうな友人が視線で示す先、階段奥の駐輪場に続く通路を覗き込んでみると…あっ、と思った。

薄暗い通路の電灯の下に、女が一人立っているのだ。
30代か40代くらいで長い髪をしていて、全身黒尽くめだった。
髪も真っ黒なので、駐輪場の暗闇を背にすると白い顔面が浮かんでいるみたいに見える。

彼女はその場でじっと立ち尽くしたまま、こっちを見ている。
いや、顔と目はこっちを向いているが、私たちを見ているわけではなかった。ぼーっと遠くを見ているような感じだった。

これはびっくりするわ…と思いながら、私たちは小さく会釈して彼女に謝り、二階の友人宅に向かった。
友人の部屋に入るなり、私たちはさっきの女性の話をした。

「何か下に不気味な人いた」
「怖っ。ていうか、あんなところで何してんだろうね、あの人」
「え、アパートの人じゃないの」

アパートの人間なら、なぜ自分の部屋に入らないのだろうか。そんな話をしていたら、アパート住人の友人が
「引っ越したばっかりなんだから、そんな怖い話するのやめてよ」
とむすくれていた。

買い込んだ酒を飲んだりゲームをしたりしているうちに、すっかり女のことは忘れてしまった。
夜もふけて、深夜になる頃に酒が尽きてきた。
そこで、友人二人がコンビニに買出しに出ることになった。私は部屋主の友人と待機である。

だが、5分もしないうちに買出しに出たはずの友人たちが戻ってきた。

「やっぱり、皆で行こう」
「あの女の人がまだいて怖い」

そんなまさか…。住人の友人は不気味がっていたが、酒が入っていることもあって肝試し気分で行くことにした。

階段を降りるとき、ちらっと奥の通路を覗き込むと、確かにいる!
アパートに来たときと寸分違わぬ姿で、女がぼーっと遠くを見ながら立っている。
私たちがこのアパートに来てから、何時間が経っただろうか。その間、ずーっと同じ体勢で同じ場所にいたのだろうか。生身の人間だとしても普通じゃない。

あの女は何者だ、とコンビニに向かう道すがら話し合った。そこで、帰りに挨拶をしてみようと私が申し出た。酒のせいで気が大きくなっていたのだ。

ところが、帰って来てみると女はいなくなっていた。友人たちは不思議がったが、私は内心ほっとしていた。

その日は泊まって翌朝帰ったが、特に何も起こらなかった。

それからしばらくして、そのアパート住人の友人が引越しを考えている、と言った。

「もう引っ越すの?早くない?」
「…あの女の人がいるんだ」

友人が言うには、雨の日に必ず女が通路の電灯の下に立っているらしい。
雨が上がるといなくなっているらしいが、不気味で仕方がないというのだ。
あの女性の異常な様子を思い出すとわからなくもないが、それで引越しを考えるというのは少し大げさのような気もする。

友人は、ちょっとあの女に話しかけてみた、と言った。結構、大胆なことをするなぁ、と思った。

「『こんにちわ、二階に越してきたんですけど、この前友達とうるさくしてすいません』
って話しかけた。でも、何にも言わない。こっちに目を向けもしない。
じーっと天井?のほうを見るばっかりで会話にならなかった」

管理会社に問い合わせもしたが、どうにもならない。雨が降ると朝でも昼でも必ずいるという。
ぼーっと立っているだけで何をされたというわけでもない。だが、とにかく不気味で怖いから早く引っ越したい、と友人は言った。

「あれ、幽霊じゃないよ。ちゃんと人間だと思う。でも怖くない?雨の日にあそこで、ただずーっと立ってるんだよ。何なんだろう…」

結局、友人は半年程度でそのアパートを出てしまった。女の正体はわからない。
ひょっとしたらまだ、まだ雨の日にあの薄暗い電灯の下に立っているのかもしれない。

・すれ違った女

これは小学生の頃の話です。

私ともう二人の友達で、別の友達の家へ遊びに行きました。
北国の冬場は日の暮れが早く、4時過ぎになるとすでに薄暗くなっていました。
「もう暗くなるから帰りや。」
友達のおばあさんに言われて、私たちは帰路につきました。

私たち3人は家も近所だったのでよく一緒に放課後遊んでおり、みんな一緒に帰れるから怖いということもないし、親の方も安心だったと思います。
3人でいつものようにワイワイおしゃべりをしながら歩いていました。

家までの道にはゆるい坂道が長く伸びているのですが、そこに差し掛かった時でした。

坂の下から髪の長い女の人が歩いてくるのが見えました。
その人は白い着物のような服を着ており、髪もかなり乱れていて、今考えるといかにもこの世のものではないという風貌だったのですが、薄暗かったのでよく見えずその時はただ見慣れない人が歩いているというふうにしか思いませんでした。

上り坂だからかその人はとてもゆっくりと歩いていて、私たちとすれ違うまでにしばらく時間がかかりましたが、すれ違う瞬間に、何かぼそっと言ったように聞こえました。

私たちは特に何も考えずに坂道を降りて行くと、後ろから突然木の棒が飛んできたのです。
木の棒は私たちを超えて前方に落ちました。

反射的に振り返るとそこには誰もいませんでした。
たった今すれちがったはずのあの女性が、すっかり影も形もなく消えていたのです。

私はちょっとぎょっとしたものの、すぐそばに脇道があったので
「ああ、あそこの道に曲がって行ったんだな」
と思いました。

ところが、その後何かがおかしいことに気がつきました。

私とA子はさっきと同じようにぺちゃくちゃおしゃべりを始めたのですが、私たち3人の真ん中を歩いていたB子の様子がおかしいのです。
普通に歩いてはいるものの、私たちが何か言ってもまったく何もしゃべりません。

「B子、どうしたの?大丈夫?」
と聞いても、何も言わず怒ったような顔でずっと前方を見つめて歩き続けるばかり。
私とA子は何が起きているのかまったくわかりませんでした。
B子はものごとをはっきり言うタイプの子なので、黙って何も言わずに怒っているのは彼女らしくないと思ったのです。

B子が何も言わないので、私とA子もなんとなく気まずくなり、3人とも無言のままそのあと10分ほど歩き続け、私の家の前でバイバイしました。
B子とA子はそこから3分ほど歩いたところに住んでいるので、また歩き出しました。

次の日学校へ行くと、A子がいたので
「昨日B子おかしかったよね。何怒ってたんだろうね。あのあとなんか言ってた?」
と聞いてみました。
するとB子はやはり何も言わないまま、自分の家に入っていったそうです。

私とA子が話していると、B子が登校してきました。
しかし何事もなかったように、まったく普段通り明るく話しかけてくるのです。

「B子、どうしたん?昨日。」
と聞くと、きょとんとする彼女。
「昨日、何にもしゃべらんようになって、なんか怒ってたん?」
しかし聞いてみても、なんと彼女はまったく何も覚えていないと言うのです。

どうやら、昨日あの女性を見たところからの記憶が、B子からすっぽり抜けているらしいのです。
それを聞いてようやく私とA子は、あの女性がこの世のものではないかもしれないと思い、あらためて背筋が凍りました。

家に帰ると母が
「今日B子ちゃんどうだった?」
と聞いてきました。
普通だったと答えると、母はB子の母から聞いた恐ろしい話をしてくれました。

B子の母はもともと霊媒体質で、よく見たり聞いたりするという話を聞いていました。
昨日帰ってきたB子を見るなり、何かが憑いていると悟ったB母は外で塩をB子にかけながら頬を叩き、憑き物を払ったんだそうです。
B子は気絶してそのまま朝まで眠ったということでした。

本物の霊媒体質の人は大変だなあという気分でしたが、そういうのも遺伝するのかと人間の神秘に思いを馳せる、そんな事件でした。

・隣に住む女

今、古いアパートに住んでいる。最近住み始めたんだが、あまりにボロすぎて風呂なし。

俺はかなり気に入ってた。


アパートの前は墓地と工場だから夜遅くまでドンチャン騒ぎしても、誰も文句言わない。


こんな環境だからこそ、安心して大声を出していた。なぜなら、念願叶ってやっと歌手デビュー間近だからだ。


もちろん、隣へ迷惑かけないように窓を閉めた。


“絶対に夢を叶える!”


と書かれた紙を見ながら、今日も夜遅くまで練習していた。


ピンポーン!


突然、呼び鈴が鳴った。時計を見ると、深夜1時を過ぎていた。


「ヤベッ! もうこんな時間じゃん。隣の人かな…?」


恐る恐る玄関のドアを開けると若そうな女だけど、帽子やワンピース、ハイヒール、手袋、口紅…全身が真っ赤な格好の女が立っていた。
今は夏。蒸し暑いのに、冬みたいな格好をしている。
雰囲気があまりの不気味さに思わずビビった。

「夜遅くにうるさくしてすみません。もうやめますから」


そう言うが、女は動かず黙っていた。

“薄気味悪い女だなぁ…”

そう思いながら、関わってはいけないような気がした。

「あ…とにかくすみません。それじゃ…」


逃げるように急いでドアを閉めて鍵をかけた。真夜中に無言で立たれると案外怖いものである。


電気を消して布団に入って寝てると、突然ドーン、ドーン、ドーンという物凄い物音にビックリして、起き上がった。


「な…なんだよ…?」


急いで電気を付けると、音もピタッと止まった。


「何なんだよ…一体…」


周りを見渡すが、特に変わった事もない。心臓がバクバクしてたが、電気を消して、また寝る事にした。

朝になり家から出ると、少しだけドアを開けて隣に住む女が覗いていた。俺に気付いた女は急いでバタンとドアを閉めた。


“え…なに、まさかずっと覗いてたんじゃ…”


さすがに夜中の事もあり、隣に聞きに行くのが恐かったので放っておいた。




ピンポーン!



しばらく家でぼーっとしてると、玄関のチャイムが鳴った。


玄関に行き、ドアを開けずにドア越しで聞いた。


「誰?」


「○×宅急便です。隣の荷物を預かってほしいんですけど」


ドアを少し開けると、宅急便の若い男性が汗だくになって困った表情で立っていた。


「あ…○×宅急便です。隣が留守みたいなので、隣の荷物を預かってほしいんですけど…」


ドアをさらに開けて近くの荷物を確認すると、新聞紙半分くらいの段ボール箱が床に置かれていた。


「いいですよ」


青白くて汗だくになる宅急便の人を気の毒に思い、承諾の返事をした。

荷物を持ち上げようとしたら、重すぎて全く持ち上がらない。


「…んっ…何が入ってんだ。スゲー重っ…」


「あ、僕が持ちます」


そう言われ交代すると、宅急便の男性は踏ん張って持ち上げ、玄関に置いた。


さすがに宅急便の人は力持ちだ…。これを持ってきたら汗だくにもなるだろう。


丁重に礼を言われ、宅急便の男性が立ち去ると、妙な事に気付いた。
このボロアパートは壁が薄く、隣の声がまる聞こえ。隣は全く音がしなかったし、外に出た音もしなかったのに、留守というのはおかしい。


気味が悪くて関わりたくはないが、荷物を預かってる以上、渡さなくてはいけない。念のため、隣に行ってチャイムを押すと、隣の女が玄関のドアを開けた。
相変わらず、暑そうな格好をしている。


“あれ? いるじゃん…”

腹立つ感情を抑えて、ニコッと笑った。


「おはようございます。隣に住んでる者です。そちらの荷物を預かってるんで、今から持ってきますね」

急いで家に置いてる荷物を持って隣に行こうとしたら、隣の女が俺の家の玄関前に立っていた。


ビクッ! 思わず体を震わせた。


「…え…何ですか?」


『…。』


何も言わず無言で立っていた。


重すぎる荷物を持ち上げると、「すみません、通ります」と言いながら、女を避けるようにして隣の玄関の前に荷物を置いた。


「荷物かなり重いから運ぶ時…って、あれ?」


クルッと振り返りながら言ってたら女はいない。


“どこ行ったんだ?”


その時、後ろから声がした。


「うちに何か用?」


振り返ると、太ったオバサンが旅行カバンを持って立っていた。


「あ…隣に住んでる者です。そちらの荷物を預かってて…」

「あら、そうなの? ありがとうね。迷惑かけてごめんなさい、実は2日前から旅行に行ってたから」


「そうなんですか…でも、さっき若い女性…多分娘さんだと思いますが、荷物を届けようとしたら…急にいなくなってしまって…」


「ハァ? うちに娘なんかいないわよ。私は一人暮らしなんだから」


キョトンとしながらオバサンが言ったのに、俺は急いで訂正するように言った。


「え? そんなはずないです。赤い格好をした若い女性がそちらの玄関にいたんですから」


「ちょ…っと、冗談やめてくれない? 変な事言って怖がらせると承知しないわよっ! とにかく荷物ありがとうねっ!」


「え? あの…本当に。あ、荷物かなり重いですよ…っあれ…」


オバサンは荷物を軽々しく持ち上げると、勢いよくドアを閉めた。


“どうなってんだよ…オバサンが嘘ついてないなら、あの女…マジで誰だよ?!”


一歩も動けず、呆然とした。


何とか気持ちを落ち着かせ、家に入ると、カーテンと窓の間に誰か立っていた。
窓ギリギリの所にあるカーテンは人が入れる隙間なんかない。なのに、カーテンはもり上がる事もなく、隙間に立っている。

よく見ると、カーテンの端から赤いワンピースが見えた。


“え…あの女…?”


急に背筋がゾクッとして、真夏日なのに、冷蔵庫にいるくらい寒くなった。


恐る恐るカーテンに近づき、一気にカーテンを開けると、そこに立っていたのは、目も肌も作り物のただのマネキンだった。


「何でこんな所にマネキンが?」


隣に住んでる女…というより、謎だらけの女にソックリのマネキンに急に怖くなって、台所に行ってゴミ袋を取り出して戻ると、カーテンにあったマネキンが消えていた。


「え? 何で?…」


途端に全身身震いするくらい怖くて体が震えてきた。


隣には旅行から帰ってきたオバサンがいる。大声を出せば、アパートに住む他の住民も来る。


探そうと風呂場、トイレ、玄関を見るがいない。


部屋に戻るとマネキンが窓の近くに立っていた。

「うっわ…」


叫ぼうとしたら、マネキンは喋った。


《驚かないで下さい。お願いします。》


「何で人形が俺の部屋で喋ってんだよ! 何で俺につきまとうんだよっ!」


マネキンが喋りだした。


『お願いがあるの。どうか怖がらずに話を聞いて下さい』


人形独特の無表情さに怖さはあるものの、何か悩みがあるなら話だけ聞こうと思った。冷たくして取り憑かれたくはないからだ。


『実は、私は19歳の大学生でした。けど、ある日、車に轢かれて死んで、気付いたらマネキンの中に入ってたんです。』


“今時ドラマでもこんなパターンないぞ”と思いながら話を聞くと、さらに驚く事を言ってきた。


『実は、お願いというのは、死んだ日に彼に私の…その…処女をもらってもらうつもりだったんです…』

無表情だけど、頬を真っ赤にして恥ずかしそうにしながら話す仕草は生前、経験のない女性だと思った。


『それで…あなたを街で見かけて驚きました。彼にソックリなんです。あの…お願いというのは、その…私を抱いてほしいんですっ!』


「はあ?」


あまりのお願いにビックリして、思わず声が出た。


話を聞けば、恋人には会えなくて、ソックリな俺を見た瞬間、《処女を捧げる》という果たせなかった思いを成し遂げてほしいとのこと。恋人に抱かれたら成仏出来るという。


あまり乗り気ではなかったが、あまりに必死なお願いに根負けして、抱いてやる事にした。


ハッキリ言って生身の人間と違い、弾力もなければ、温かさもない。


近所の人から見たら《人形を抱いてる変態男》と思われるだろう。


全く俺は興奮しなかったが、何とか良い感じにもっていき、挿入することにしたが、入れる場所がない。


が、マネキンは満足したと言って動かなくなった。

何だか腑に落ちないが、終わったんだと思ったら、どっと疲れが出た。


「成仏してくれてよかった…」


ごろんと寝転がった時に思いっきり叫んだ。


さっきまで無表情だったマネキンは口だけ笑っていた。


『うふふふ…うふふ…』


不気味な笑い声を出しながら、マネキンは目をギョロギョロさせた。


『やっと願いが叶った。人形とヤッたら魂抜かれて死んじゃうんだって…うふふ…』


“俺が何したんだよ?”


叫ぼうとしたら声が出なかった。酷く疲れて体も動かない。


『私はあの日、彼に処女を捧げるはずだったのに、あんたが私を車で轢いて殺したんだ!』


突然の荒々しい口調に驚きつつ、声が出ない。


必死で思い出そうとして、思い出した。

車で走っていた。あの日はオーディションがあって、遅刻するわけにはいかない。いつも通る道は滅多に人が通らないからスピードをゆるめずに勢いよく左折したら、横断歩道を歩く女性を勢いよくはねた。女性は中に浮いて地面に叩きつけられた。目撃者がいないこと、遅刻したくないという気持ちで俺は助けようとせず、その場から逃げてしまった。時間に間に合いオーディションを受けたら見事に合格して、デビューまで決まった。忙しくてテレビも見ず、警察も来なかった事ですっかり忘れていた。




“ごめん、許して…”

何とか謝ろうとするが、全く体も動かないし、声も出ない。


不気味なほど満足そうな笑みのマネキンは喋らなくなった。




体が動かないまま、どれくらい経っただろう。

1 2