1. まとめトップ
  2. カラダ

原因不明のダルさ・・・いま急増する「寒暖差疲労」とは

季節の変わり目に注意したい「寒暖差疲労」。対策をまとめました。

更新日: 2018年08月20日

51 お気に入り 30992 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

秋がきたと思ったら・・・

このまま秋に…と期待する方もいらっしゃるかと思われますが、8月末にかけては再び暑さがぶり返しそうです。

次第に夏の空気に入れ替る予想です。日中の最高気温は南部を中心に30度を超えるところが多く残暑厳しくなりそうです。

SNSでは「寒暖差」で体調を崩す人の声も

急な寒暖差で、身体だるいし、腰痛いし、頭だるおもだし ついていけない⊂( っ´ω`)っ

寒暖差のせいか一気に体調崩してバイト休んだわ 鼻水止まらない体だるいあー

ここ一週間ぐらい、くしゃみ鼻水が止まらないんだけど、寒暖差アレルギーかな?

本日も鼻水が酷い 寒暖差アレルギーかなあ、風邪もあるのかも

この季節は「寒暖差疲労」に要注意

自律神経が温度調整をするためにエネルギーを消費し疲労してしまうことを寒暖差疲労と言います

体の冷え、めまい、肩こり、顔のほてりなど、様々な不調を連鎖的に引き起こすこともあるんです。

気温差によって鼻水が止まらなくなる

急激な温度変化が原因となって、風邪やアレルギーのような症状が出る場合、寒暖差アレルギーの可能性があります。

通常、鼻の毛細血管は鼻付近の体温などを調整するため、寒いと交感神経の働きで縮み、暖かいと副交感神経の働きで広がります。

しかし、早朝など急激な寒暖差を感じると自律神経が乱れて機能しなくなり、鼻水が止まらないなどの症状を引き起こします。

また、冷房でも「寒暖差疲労」がじわじわ蓄積してしまう

「夏になると肩こりがひどくなる」「この時期の肩こりは頭痛も伴うのでつらい」という人が増えています。

この時期は昼と夜でも、寒暖差が大きいほか、エアコンを使い始めると室内と外との気温の差も大きくなり、体調の管理にはとくに注意

気温の落差によって、自律神経の乱れることが原因なんだとか

寒暖差の大きい(通常は前日比から5℃以上の変化)環境にいると、自律神経の働きにより、体内を一定の状況にしようとエネルギーを消費することになります。

慢性的な冷え性や自律神経失調症につながるおそれも

寒暖差によって「ぜんそく」を発症するケースもある

外気と室内の寒暖差が激しいと、気道の粘膜が過敏になりがちです。もともと気道が弱い人は、寒暖差でさらに過敏になっています

1 2