1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

電源OFF後も電気代が?意外と知らない「シャットダウン」のこと

普段、パソコンを使用した後に何気なくしているシャットダウンですが、Windows8以降のパソコンには「高速シャットダウン」なる機能が搭載されているって知っていますか?

更新日: 2018年09月04日

47 お気に入り 37094 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■パソコンを使い終わった際に欠かせない操作「シャットダウン」

シャットダウンとは、コンピューターのシステムを終了させ、電源をオフの状態にすること

シャットダウンをせずに電源を切った場合は、異常終了とみなされ、次回の起動時にシステムの不都合の確認・修復が行われ、起動に時間がかかることがある

■実は「シャットダウン」には2種類あるって知ってました?

PCを使い終えたときに実行するシャットダウンだが、実は“普段よく使っているもの”と“特定の条件下でしか使わないもの”という2種類がある

Windows 10やWindows 8.1のパソコンには、「Windows を終了する」方法と「パソコンの電源を完全に切る」方法の2種類がある

■最近のWindowsは「高速スタートアップ」なる機能が搭載されている

Windows 8シリーズから、次回の起動時の時間短縮ができる「簡易なシャットダウン」が標準となりました

シャットダウンしても一部のシステム情報がスタンバイ状態になります

次回起動時に、高速で起動するために一部のシステム情報を保持するよう、完全シャットダウンではなく、休止状態にする仕組みになっている

■しかし、この機能にはちょっと困った面も…

不具合の原因になってしまうことがある

完全にシャットダウンする場合に比べ、パソコンの起動は短時間になりますが、不具合発生の場合には、トラブルが解決しない原因となる場合もあります

高速スタートアップ有効でシャットダウンした後にハードウェア構成を変えると、ドライブの情報をうまく初期化できないのか不具合がでてしまうことがある

シャットダウン後もわずかに電力を消費する

高速スタートアップを実現するために、パソコンをシャットダウンした状態でも、常に、じわじわと電気を使い続けてしまっている

長期間電源を入れない場合などは、内蔵バッテリーを使い切ってしまい、トラブル発生の原因となる場合があります

■パソコンの調子が悪いな…と感じるときは

キーボードの「Shift」キーを、押しながら「シャットダウン」をクリックすると、完全シャットダウンができます

パソコンの調子が悪いな、と感じた場合は、「パソコンの電源を完全に切る」ことで、調子がよくなることもある

1 2