1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

性転換“極道”アイドル『ゴクドルズ』も!「注目映画」予告解禁

注目映画の予告編(特報)5作品のまとめ。神木隆之介×有村架純『フォルトゥナの瞳』、完全新作『えいがのおそ松さん』、ハリウッド版『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』、性転換アイドル『Back Street Girls ―ゴクドルズ―』、佐野勇斗×本郷奏多×又吉直樹原作『凜‐りん‐』。

更新日: 2018年11月10日

6 お気に入り 10864 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『Back Street Girls ―ゴクドルズ―』(2019年2月8日公開)

極道が全身整形でアイドルになる!?映画『Back Street Girls-ゴクドルズ-』ティザートレーラー&ビジュアル解禁 #BackStreetGirls #ゴクドルズ abematimes.com/posts/5128656 pic.twitter.com/4wnCByTaZO

週刊ヤングマガジンにて連載され、今年アニメ化もされたジャスミン・ギュのマンガ「Back Street Girls」が、「Back Street Girls -ゴクドルズ-」のタイトルで映画化される。

若きヤクザ3人が、組長の思いつきで全身整形をさせられてアイドルデビューしたところ、思いもよらず人気急上昇してしまう。段々とアイドルとしての自分に目覚めながらも、極道である本来の自分と女心に葛藤するアイドルコメディーだ。

アイドルになってしまうヤクザ3人組の山本健太郎、立花リョウ、杉原和彦を白洲迅、柾木玲弥、花沢将人が演じ、全身整形後の3人の役を岡本夏美、松田るか、坂ノ上茜が担当する。

予告では、『仁義なき戦い』シリーズ、『孤狼の血』など数々の実録ヤクザ映画や任侠映画を生み出してきた東映のピンキー・バイオレンス映画の印象的な場面が流れる。

「1970年代に本を席巻したピンキー・バイレオレンスが2019年復活」という文字のあと、アイドルとして活躍する3人の姿や、日本刀でヤクザが戦うバイオレンスなシーンが映し出される。

解禁された3枚のビジュアルには、アイドルのシルエットとともに「壮絶に」「チ◯コが」「消える」と書かれている。

◆『フォルトゥナの瞳』(2019年2月15日公開)

「永遠の0」「海賊とよばれた男」などで知られる作家・百田尚樹の恋愛小説を映画化。

他人の死が見えてしまうという不思議な力を持ってしまった青年が、最愛の女性の「死」に立ち向かう姿を描いた。

主人公には『バクマン。』などの神木隆之介、ヒロインに『3月のライオン』シリーズなどで神木と共演してきた有村架純。『坂道のアポロン』などの三木孝浩が監督、『メアリと魔女の花』などの坂口理子が脚本を務めた。

予告編は、神木演じる木山慎一郎が有村扮する桐生葵に「大切な話があります」と切り出し、告白をする場面からスタート。

手をつないだり、バックハグをしたりする二人の幸せな日々は、慎一郎が透けて見える人間がいることに気付くシーンから一転、緊張感が漂う展開に。

ついには、葵の手も透けて見えてしまった慎一郎の「なんで」というセリフが悲しく響く。

◆『凜‐りん‐』(2019年2月22日公開)

又吉直樹原作の本格ミステリー 佐野勇斗×本郷奏多ダブル主演作『凜-りん-』本予告映像公開 | ぴあ映画生活 bit.ly/2AFuIbb #映画 #eiga pic.twitter.com/f543yeVejv

又吉直樹が舞台のために書き下ろした初長編作品を映画化する青春サスペンスストーリー。

「100年に一度、村から子供が消える」という伝説がある村を舞台に、真面目でどこか達観している現代っ子の高校生・野田耕太(佐野)と、不思議な転校生・天童(本郷)が過ごす青春の日々、そして彼らの友達が消えていく様を描く。

佐野勇斗と本郷奏多

監督はドラマ「ウロボロス この愛こそ、正義。」「せいせいするほど、愛してる」などで演出を手がけてきた池田克彦。原作の又吉が脚本監修として参加。

同じクラスに通う純朴な高校生、野田耕太(佐野勇斗)、石倉優太(須賀健太)、折田竜二(亀田侑樹)、真島泰輔(櫻井圭佑)。彼らの元に東京からやってきた転校生、天童義男(本郷奏多)。

抱えている謎を打ち明けない天童に対して衝突する野田。そんな中、友達のひとりが消え、疑心暗鬼になる仲間。混乱する状況の中、消えた仲間はどこに?

1 2