1. まとめトップ

転職先はどう探す?希望に合った企業を見つける!転職サイトを比較

どこの転職サイトを利用したらいいのかわからない、という人に向けて大手サイトのそれぞれの特徴を比較してみました。自分のニーズに合わせて転職サイトを利用することによって、転職先も見つけやすくなるでしょう。

更新日: 2018年08月22日

1 お気に入り 1741 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

PearlMo29さん

メリットがたくさん!転職活動するなら絶対利用すべき「転職サイト」

応募企業の採用担当者と直接やり取りをすることができる。画像や動画など、様々なコンテンツで会社の雰囲気を掴むことができる。サイトによっては、会員登録しているだけでスカウト情報が入ってくる。自分の好みの検索条件で様々な企業を探すことができる。

企業の求人広告掲載料によっては、転職エージェントより選考ハードルが下がることも?無料で利用ができる。

求人数が豊富

転職サイトには求人数が豊富なので、希望条件で絞り込んでも求人を探しやすいです。

転職サイトを利用することで、希望に合った求人を見つけることができます。

さらに、企業側からスカウトがきたり、担当者がサポートしてくれたりと、就職先が見つかるまで安心して準備を進められます。

大手サイトを使えばいいは間違っている!希望に合わせて選ぶ

ただなんとなく大手の転職サイトを利用すればいいわけではありません。しっかりと希望に合わせて選ぶことが大切です。

単に知名度の高いサイトを登録するだけでは時間の無駄
自分の目的にあった転職サイトを探すことが重要

転職サイトは数多く存在していますが、実はそれぞれのサイトによって強みやコンテンツには違いがあります。

各転職サイトの強みや利用するメリット、各転職サイトの違いを比較できるため、自分の転職に合ったサイトを見つけやすくなります。

転職サイトも元をたどれば普通の会社です。サイトによって得意分野が違うため、大手サイトを利用しておけば安心、というわけではないのです。

転職サイトの選び方のポイントは2つ。

自分が目指す「職種」に強いところ
自分が目指す「地域」に強いところ

これが重要なポイント。

探している職種に強い転職サイトを利用することをおすすめします。

20代の転職ならコレ!マイナビ・リクナビを比較してみた

ここでは、よく耳にする大手サイトのマイナビとリクナビをそれぞれ比較してみました。

どちらも20代の転職に心強い転職サイトですが、ニーズに合っているかなどをチェックしてみましょう。

日本最大級の求人ポータルサイト

単に募集要項をデータ化するのではなく、各社に独自取材を行うことで求める人材像やモデル年収例など他の求人サイトにはない情報も提供。

「行動ターゲティングスカウト」など、登録者の行動を基に検索ができるスカウト機能を搭載。機能的で精度の高いシステムのため、スキルの高い経験者などのピンポイント採用におすすめです。

・満足できる就職情報サイト、信頼できる就職情報サイトとしてNo.1

・在籍校や同じ分野を学んだ先輩の情報を見れるため働くイメージを持たせやすくさせる独自機能がある。(先輩発見機能)

・全国的に大規模な就職セミナーを定期的に開催。

掲載数が多いのと、幅広い業種に対応しているのが強みです。スカウト機能も充実しているため、より多くの企業をチェックすることができます。

インターンシップにおける掲載企業の数の点で比較すれば、リクナビのほうがマイナビよりも概ね2倍程度も優越しています。いずれのサイトも情報量としては相当豊富なものの、インターンシップの観点からすれば、リクナビのほうが秀でているといえるでしょう。

好きな街で働けるI・Uターン情報あり
専任のキャリアアドバイザーによるサポートあり
グッドポイント診断による自己分析

・就職活動をしている学生の80%がリクナビを利用している。

・学生がエントリーシートを効率的に提出できる独自機能がある。

・レコメンド機能が充実しており、多くの学生と出会うことができる。

リクナビは全体的に学生さん向けの企業や情報が多く掲載されている模様です。

自己PRに使えるグッとポイント診断が使えるので、自分に合った企業を探したい人や、どの転職サイトを利用したらいいかわからない人は利用してみると良いでしょう。

希望に合った転職サイトを利用して転職活動をスムーズに

1 2