1. まとめトップ

[話題の高知の財布]は支援とつながりのSNS、VALUから生まれた作品だった!

テレビでも多数取り上げられて、売り切れ状態が続く話題の”高知の財布”、有名になる前昨年10月頃、クラウドファンディング準備中の頃からの流れをまとめてみました。

更新日: 2018年10月23日

2 お気に入り 9937 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ナカショーとはVALUで知り合う前、最初のクラウドファンディング(高知の財布)の準備中に、同じセミナーであいました(´・ω・`)ノその頃からいまに至る流れをまとめてみました。

ArikaStudioさん

■10月23日更新!新たな動きが始まる模様!!

昨日から中島君(@nakanakasyousyo)が香港入り。TURBOさんも明日から合流して新製品の開発に挑みます。 pic.twitter.com/uCKxdGRXBF

■ノンスタイル石田さんのツィートて一気に認知拡大!!

COACHや思ったら高知やった pic.twitter.com/TEX58liK9m

8月10日のこのツィートで一気に認知が広まりました!いわゆるバズったというやつですね(´・ω・`)

大ブームのきっかけとなった石田のツイートは8月11日。「COACHや思ったら高知やった」と、「高知」と文字が散りばめられた財布を手に不満げな表情をつくる自撮り写真をアップしたところ、17万件を超える「いいね!」を記録する大反響

その後、大反響となり、中島くんのとこには注文が殺到!!!

■はじまりは、去年10月

このときは、300均一で買ってきた合皮の長財布に手書きで「高知」て書いてましたね。それでもすんごいカッコよくて、「絶対これはバズる!」て言ってました。
クラウドファンディングセミナーに来ていて、僕は参加者のメンターとして各プロジェクトへのアドバイスをする立場だったんですけど、中島くんのプロジェクトは「もう面白いので、大丈夫」て返事してましたw(←仕事しろ)

今月12回めを迎えた月イチの大阪VALUプレイヤーのたまり場VALUBARにも中島くんはきてくれました。動画もあります。

そしてクラウドファンディング開始

■VALUのつながりで「高知の財布」が洗練されていくのはココから!

僕が主催するVALUのフォーラムで、実践者たちが集うパネルトークの参加者として中島くんにも参加してもらいました。

VALUでつながった縁で、中島くんが書いた「高知」がパターン(柄)となったのがこの時です!

■そして、VALUのつながりで生産ラインまで!

クラウドファンディング達成後、中島くんが考えていたのが「生産体制」の問題

クラウドファンディング 高知の財布 第2弾 皆さまのおかげで無事達成いたしました^_^

ありがとうございました!

果てしない塗装、梱包、発送作業が終わり、ホッと一息つけました。

次の段階としては、生産ラインを確保すること!
そして、いちはやく高知県での展開を目指したいと思っています!

そして、2ヶ月前、一匹のカエルが状況を動かします

決して、「ミュージアム」のこのカエル男ではありません(´・ω・`)

1 2