1. まとめトップ

【禁断の酒アブサン】が飲める!海外のお客様や若きクリエイターが集う町場のカジュアルアブサンバー3選

ゴッホ、ゴーギャン、モネ、ロートレック、ピカソ、ランボーに太宰治など数々の芸術家、著名人が愛したハーブリキュール「アブサン」。飲むとハーブの効果でいつもと違う酔いが体験でき海外では人気なんです。その神秘的なお酒を気軽に楽しめる町場のバーを厳選しました。

更新日: 2018年11月20日

3 お気に入り 1455 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ゴッホ、ゴーギャン、モネ、ロートレック、ピカソ、ランボーに太宰治など数々の芸術家、著名人が愛したハーブリキュール「アブサン」。飲むとハーブの効果でいつもと違う酔いが体験でき海外では人気なんです。その神秘的なお酒を気軽に楽しめる町場のバーを厳選しました。

Snakeoilさん

ゴッホやピカソ、ランボーに太宰治など有名人が愛したハーブリキュール「アブサン」。飲むとハーブの効果でいつもと違う酔いが体験でき海外では人気なんです。その神秘的なお酒を気軽に楽しめる町場のバーを厳選しました。

アブサンってどんなお酒??

お水を注ぐと薄い緑色から白色に変化する神秘的なお酒です。
ニガヨモギや複数のハーブの薬効成分で少しふわっとしたリラックス効果をもたらせてくれます。
お医者さんが作り出したヨーロッパの養命酒のような存在です。
飲みやすいので何杯も飲みそうになりますが、度数が約60%もあるので飲みすぎには注意です。

大阪・京橋のアブサンバーPTNの驚くほど飲みやすいアブサンフラッペ

ふわっとする酔い体験!

お香やお線香の香りを嗅ぐと少しリラックスできる感じになります。
実はそれらの原材料はヨモギなのです。
ヨモギの中にはツヨン(Thujone)というリラックス成分が少し入っています。
スターアニス(八角)やフェンネルにはアネトールというストレス緩和成分も少し入っています。
アブサンはヨモギ、スターアニス、フェンネルで構成されているハーブ酒です。
ハーブを漬け込み、薬効成分が溶け出したアルコールを蒸留して作られるお酒なのでいつもと違う酔いになるのです。

ヨーロッパでは約100年間も製造禁止に!

なぜ禁止になったのか?
ツヨン(Thujone)という成分が強い神経毒性、麻痺性、昏睡、痙攣、幻覚作用を引き起こすと伝えられていました。
ですが、1981年にWHOによる規制緩和により製造が復活し、現在は日本でも発売されています。
当時のフランスではアブサンは安くて酔えるお酒の代名詞でした。
悪徳業者が粗悪なアルコールをアブサンに混ぜて、傘を増やし、ボトリングしていたものもあり、ツヨンよりもアルコール中毒が幻覚作用の原因だったと言われています。
ワインが売れなくなるという現象も起こり、社会的な圧力が働いていたという説もあります。

★アブサンバーの流儀

ただアブサンのボトルを店内に並べていたらいいというものではありません。
アブサンはクラッシックカルチャーを楽しむものです。
パリで流行っていた飲み方を再現する為には、アブサンファウンテン・アブサンスプーン・アブサングラスと最低でもこの三種の神器が必要です。
アブサングラスに注ぎ、アブサンスプーンの上に角砂糖を置き、アブサンファウンテン(アブサンの噴水)でぽたぽたとゆっくり水割りを完成させる。
アブサンは置いているけどファウンテンはないというバーはアブサンバーではありません。

ヴィンテージスプーンだと一本1万円も

★本物のアブサン

現在世界には約400種類のアブサンがあり、その価格にもピンからキリまで。
本物のアブサンは合成化合物や着色料が入っていないハーブだけで作られた高級品。

★本物のアブサン
ハーブ成分をアルコール中で浸出させ蒸留。2回または3回の蒸留過程でもハーブを追加する。
蒸留物は無色であり、約65%〜80%のアルコールを含有する。最終的に処理されたスピリッツは、白いアブサン、またはブランシュとして販売される。
蒸留物にハーブから得られたクロロフィル(葉緑素)を浸出させることであの美しい緑色のアブサンとなる。

(引用 : https://cs.wikipedia.org/wiki/Absint)

1887年 フィンセント・ファン・ゴッホ :アブサンのある静物

それでは前置きはこれくらいにして禁断の酒アブサンが飲めるおススメ3店をご紹介いたします。

【東京 大阪 京都】禁断の酒アブサンが飲めるおススメ3店

■住所 : 東京都渋谷区恵比寿西1-5-8 DISビル102
■TEL : 06-6352-7590
■営業時間 : 19:00~2:00
■定休日 : 無し
instagram : https://www.instagram.com/bartrench/

■住所 : 大阪市都島区東野田町3-12-17 京橋第二ハイツ2F
■TEL : 06-6352-7590
■営業時間 : 19:00~5:00
■定休日 : 水曜
instagram : https://www.instagram.com/ptnosaka/

■住所 : 京都府下京区西石垣通四条下ル斎藤町138番地9 2階
■TEL : 075-708-8511
■営業時間 : 19:00~26:00
■定休日 : 月曜
FACEBOOK : https://www.facebook.com/LEscamoteur-1392735951033939/

1