1. まとめトップ
  2. ガールズ

立体感がポイント!この秋は「太眉」のメイクに挑戦したい♡

この秋は、美しい太眉メイクがしたい!

更新日: 2018年09月10日

56 お気に入り 76678 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

変化し続ける眉のトレンドですが、まだまだ太眉ブーム。でも、ただ濃くて太ければいいってものでもない…。この秋は、キレイな太眉メイクに挑戦しませんか?

stoneflowerさん

▼そろそろ秋メイクにチェンジしたい!

▼時代は、まだまだ「太眉」がブーム。

眉が太い分、肌の面積が小さくなり、小顔に見えてくる
また眉が太いと、しっかり芯を持った女性に見えるのも特徴

□立体感がポイント!秋は「太眉メイク」に挑戦してみよう♡

・まずは、余分な毛をカットする。

まずは、コームで毛流れを整えましょう。
このひと手間があると眉の切り過ぎ予防に効果的!

眉頭から眉山の間を指で押し出し、自分の眉のラインからはみ出た部分を切る。眉山~眉尻のラインから下にはみ出た部分をカット

・理想の色にするためにコンシーラーで眉の色を消す。

描くための下準備。化粧水をつけた後すぐにメイクすると眉の皮膚部分に脂分が残ってしまい、べたっと濃い眉に仕上がってしまいます

眉毛コンシーラーを毛の流れに逆らうようにあてます。ポイントは眉尻から眉頭に向けて、ブラシをたててあてること。こうすると塗り残しが少なく、まんべんなくきれいに眉毛の色を消すことができます

やっぱコンシーラーで眉毛の周り消すと ちゃんと眉毛になる。笑笑 なんか、ブレがないってゆーか。うん笑笑

・「アイブロウブラシ」で、眉1本1本をしっかり馴染ませて整える。

眉毛全体の色味が消えたら、今度は眉頭から眉尻に向かって眉毛コンシーラーのブラシを使って毛の流れを整えます。
ブラシを寝かせて毛の流れにそってコンシーラーを塗りましょう

・眉毛の形に沿うようにして「ペンシル」で輪郭を描く。

眉毛を描くときに、書きたい眉毛の輪郭を描いておくと、綺麗に眉毛を描くことが出来ますが、このとき輪郭を濃く書きすぎてしまうと太い濃い眉毛になってしまいます。あくまでも眉毛の薄く自然に仕上げると、ナチュラルな柔らかい印象の眉毛を描くことが出来ます。

細かいラインをどんどん重ねるイメージで、薄く描く

1 2