1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

これから公開される時代劇が熱い!!

nonu-ruさん

■高良健吾が時代劇の名匠とタッグを組み殺陣の魅力にとことん挑む

日本映画界のレジェンド、中島貞夫監督が高良健吾を筆頭に、多部未華子、木村了といった若手俳優たちとともに描き出す新作時代劇『多十郎殉愛記』。

中島監督にとって『極道の妻(おんな)たち 決着(けじめ)』(1998)以来、20年ぶりの長編劇映画となる。

高良は、藩中屈指の剣の達人でありながら、今では日々の糧を得るのが精一杯という生活を送っている多十郎役を演じる。

“殺陣の魅力を存分に見てもらうこと”をコンセプトにしており、「ちゃんばらをあらゆる角度から見つめてみる。それを斬るか斬られるかのドラマとして実現した。」と語る。

「多十郎殉愛記」は2019年春に公開予定。10月11日から開催される京都国際映画祭2018で、ワールドプレミアが行われる。

中島貞夫監督の新作、高良健吾の極限の殺陣、期待せざるを得ないよね

むはー…マジでいいわ多十郎高良くん… 時代劇だし中島貞夫サマだしもう今から召される気しかしない…✨

■池松壮亮は世界に誇る鬼才・初の時代劇で刀を見つめる浪人者に

『鉄男 TETSUO』『野火』などを手がけ、世界にもファンが多く、俳優としても活躍する鬼才・塚本晋也監督による新作映画『斬、』。

塚本晋也が監督、出演、脚本、撮影、編集、製作の6役を務めた完全オリジナル作品で、主演に池松壮亮、ヒロインに蒼井優を迎え、初の時代劇に挑んだ。

20年にわたり、「一本の刀を過剰に見つめてしまう若い浪人」というイメージを抱き続けてきた塚本監督が開国するか否かで揺れる江戸時代末期を舞台に生と死の問題に迫る。

池松壮亮×蒼井優×塚本晋也『斬、』第43回トロント国際映画祭へ正式出品 #池松壮亮 #蒼井優 #塚本晋也 フォトギャラリー/写真10枚 eigaland.com/topics/?p=83551 pic.twitter.com/6Janw1C5j9

特報映像ではリアリティーあふれる切り合いや、何者かの鮮血が飛び散るような場面もあり、殺陣シーンへの期待も高まる。

ああ、スプラッターな感じが塚本監督ワールドですねぇ。(絶賛) 塚本晋也監督が挑む初の時代劇。 池松壮亮 蒼井優 出演。 2018年11月24日(土)よりユーロスペースほか全国公開! 映画「斬、」特報 youtu.be/etHBTvenL-c

■岡田准一は日本を代表するカメラマンによる美しい時代劇

2018年9月28日公開予定

過去に日本アカデミー賞最優秀撮影賞を5回受賞、キャメラマンとしてだけでなく、映画監督としても『劔岳 点の記』で最優秀監督賞を受賞している木村大作が時代劇に初挑戦。

主演を務めるのは、岡田准一。かつては藩を追放されるも妻の最期の願いを胸に藩の不正や権力に立ち向かっていく男・瓜生新兵衛を儚くも強く演じる。

新兵衛とは彼の藩追放に関わる因縁を持ち、頭脳を生かして藩主の側用人として頭角を現す采女役を西島秀俊が演じる。

1 2