1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

連覇できるはずだわ…「大阪桐蔭」が強すぎる理由が納得だった

夏の高校野球大会で見事優勝して初夏連覇を成し遂げた大阪桐蔭高校野球部の強さの秘訣についてご紹介します。

更新日: 2018年08月23日

77 お気に入り 443656 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■夏の甲子園で大阪桐蔭高校が優勝した

秋田県勢103年ぶりの決勝進出を果たした金足農業高校を大阪桐蔭高校が制し、史上初の春夏連覇となった。

優勝した大阪桐蔭、準優勝の金足農を祝福するとともに、日本中に感動を与えてくれた、全ての高校球児たちの健闘を称えたい。

大阪桐蔭の史上初となる2度の春夏連覇に頭が下がる思いだ。開幕前、優勝確率は60%とみていたが、終わってみれば危なげなかった。

投打で活躍した根尾昂選手は「まだ実感が湧かない。時間がたって、実感できると思う」と率直な心境を口にした。

重圧の中、春を制し、夏もものにした。「自分たちは挑戦者」。そう強調してきた指揮官は連覇を達成して言った。「今日最強のチームになった」

史上初2度目の春夏連覇 優勝おめでとう大阪桐蔭 相手を気遣うフェアプレーの数々は感動しました それからの金足農業も準優勝おめでとう✨ #史上初2度目の春夏連覇 #甲子園 #大阪桐蔭 #おめでとうございます #素晴らしいフェアプレー #思いやり pic.twitter.com/GqSEP08BJm

もちろん金足農業も凄い素敵なチームですが、私は今年の大阪桐蔭とても素晴らしいチームだったと思います!!!クリンナップが抑えられても他がきっちり打つ…心の底から優勝おめでとう!!!です!青春ってほんとに良いなぁ~出場校全てに感動をありがとうと言いたい✨

野球観戦。 大阪桐蔭 優勝おめでとうございます 櫻子は、フライが上がり、キャッチャーがマスクをバーンって取る時や、サインを出す時の「俺を信じて投げろよ」って感じがカッコいい!と思いました♡ ˢ ͣ ͨ ͧ ͬ ͣ ͨ ͦ #yakyu #高校野球 #野球 ⚾︎

圧倒的な強さを見せつけた大阪桐蔭だがそれを裏付ける「理由」がある

■寮生活の過ごし方が凄かった

携帯電話は禁止され、時間厳守、下級生の部屋にはなるべく入らないなどの規則がある

下級生が上級生の面倒をみるなどの悪習は禁止されているという。

「下級生に上級生の世話をする時間があるのなら、自分のために練習する時間を与えたい。」という考えからである。下級生にも上級生と均等に練習時間を与えれば、埋もれた素質を早期に発見できる。また、下級生が活躍することで競争意識が生まれ、相乗効果につながると考えた

こう考えて禁止したということです。

大阪桐蔭は ・携帯電話禁止 ・親との面会は2ヶ月に1回 ・外出は月一回のコンビニのみ 今時の若者がこんな生活をしてまでここで野球をやることを望んで頑張ってるんだから、大差をつけて優勝しても心からおめでとう頑張ったと言いたい

■監督のスカウトと生徒との関係性もすごい

全国制覇を成し遂げたのは厳しい練習の賜物であることは間違いないのであるが、グラウンドの外での監督の努力が大阪桐蔭の強さの秘密である

最近は、コーチでもある有友部長がU15日本代表のセレクションなどに顔を出し、有望中学生の発掘、スカウトで敏腕ぶりを発揮している。チームを救う眼力にも定評があります

今では数多くの指導者が取り入れている部員との交換日記である「野球日誌」であるが、西谷浩一監督もコーチ時代から取り入れ、現在でも続いている。

西谷に連絡を取ろうと、夜の10時半頃に電話をしても応答がないことは珍しくない。しばらくすると「ミーテング中です。申し訳ありません」というメッセージが返ってくる。この時間帯は寮で個人面談をしていることが多い

現チームは中川が「日本一の寮生活にしよう!」と号令をかけ、毎日のようにミーティングを開いた。四六時中を野球に注ぐ情熱も他校はかなわない。

監督×生徒だけに限らず、生徒同士のミーティングも毎日のように行っているということです。

1 2