超並んでる…!外国人に大人気な「一蘭」のヒミツ

いま外国人が「一蘭」に夢中。観光地化してきて大行列が!その秘密は「オーダーシステム」、「客席」にあり。日本だけではなく、海外の店舗でも大行列が。

更新日: 2018年08月27日

28 お気に入り 86523 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

観光地化している「一蘭」

都心の店では外国人観光客が行列を作っていることも多く、観光名所的な存在にもなっています

平日の昼間でも、店の外に外国人観光客が大行列。

めっちゃ並んどる…!

お店の前で、ラーメンを堪能した外国人たちの感想を聞くと、次々に返ってくるのは「Very good!」の言葉

感動のあまり、お土産用のラーメンを購入している人も。

クチコミサイトで一蘭を訪れた外国人たちの書き込みは、味についての評価もさることながら、「驚き」や「感動」の声が非常に多い

外国人に「一蘭独自のシステム」が大ウケ!

「豚骨ラーメン」の1択と、メニューが絞り込まれていて分かりやすい。その上、言葉の壁も取っ払ってくれる注文方法が…

ラーメンだけを提供し、ラーメンの味や品質だけに専念するというのも一蘭ならではの経営スタイル

一蘭のラーメンはこだわりから作られた1杯だからこその人気。

そして、カスタマイズ※は自由自在という姿勢も「わかりやすい」と好評

※味の濃さや、油、にんにくの量、一蘭特製の秘伝のタレの量などを調節できる。

日本語ができなくても大丈夫なところがいいみたい。(画像は中国語のもの)

現在は英語、中国語、韓国語バージョンも用意されているため、日本語がまったくできない外国人観光客であっても、自分の好みどおりのラーメンを注文できる

記念にオーダー用紙を持って帰る人も。人気の理由はこれだけじゃない!

視線を感じにくい席なので、味覚だけに集中してラーメンを堪能できる。

隣席との間に仕切りを設け、ラーメンが運ばれてくると目の前もすだれで閉じられる仕組み。こうした独自システムが外国人にも人気の理由

さらに…

インスタ映え・動画映えする、旅行コンテンツとしての魅力がある。外国人から見ると「ワクワクする空間」の演出が、動画でのバズ(拡散効果)を呼んだ

その動画を見てみんな来るのね!

こちらの重箱スタイルで食べれるのは福岡の「天神西通り店」と「キャナルシティ博多店」の2店舗のみ。

「客の利便性を高めるためにこれだけ細やかな配慮ができるのは日本のラーメンならではだろう」と評している

「韓国人の味覚に一番合うラーメンは一蘭の他にはない」と断言する人も…愛が深すぎるw

その人気を証明するように、「韓国人にぴったりなオーダー方法」「裏メニューの注文方法」といったブログ記事が後を絶たない

海外にある店舗でも大行列!

NYミッドタウンウエスト店が無事オープンいたしました。 オープンから多くの方がお越し下さり、大変好評いただいております♪♪ #一蘭 #ichiran #ichiranny pic.twitter.com/ledmA3jslt

ラーメン1杯18.9ドル(約2000円)という値段にもかかわらず、連日行列の盛況ぶりだと米メディアが伝えている

【NYの物価事情】九州のとんこつラーメン一蘭。替玉半玉つけて一杯2500円也。日本にいたらあり得ないけど、こちらでは「博多で食べたあの味がNYで味わえるなら、九州行くより安いし良いよね!」という思考になる。美味でした。 pic.twitter.com/ufbHXkHdVP

Good morning! We're open for business and ready to save your Monday blues Let's all do our best this week! 今週も頑張りましょう! #IchiranNY #Ramen #HappyMonday pic.twitter.com/4AGf1u227h

NYミッドタウンウエスト店でも「味集中カウンター」が!

台湾台北本店が本日オープンいたしました!朝からたくさんのお客様が並んでくださり、中には深夜2時からお待ちくださった方もいらっしゃいました。召し上がられたお客様からは、嬉しいお声を頂いております。台湾の皆様にラーメンを楽しんでいただけるよう、従業員一同今後も尽力して参ります! pic.twitter.com/eCM1wf2SJD

一蘭の「天然とんこつラーメン」は1杯288元(約1,000円)とやや高め。一般的なランチの価格の3~4倍

それでも行列ができるのは、やはり日本ブランドの強さの証拠。さらに…

6月15日に台湾進出を果たし、現地の“一蘭台湾台北本店”の行列が240時間を突破

240時間=10日間。この間、全く行列が途切れなかったそう。

1