えぇ…「日本、来年からもっと暑くなる」説

猛暑日が目立った2018年の夏。実は、日本全体の気温は年々上がってきてるようで、21世紀の終わりには平均気温が40℃を超えているという話もあるみたい。平均気温が上がることによって、異常気象の増加なども心配されてて…

更新日: 2018年08月23日

33 お気に入り 154593 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

猛暑が続いた、今夏の日本

今年は最高気温が35度を超える「猛暑日」が7月に入ってから各地で相次ぐ。気温は下がる気配を見せず、18日には岐阜県多治見市で気温が40.0度まで上がった

テレビの情報番組で今年の猛暑について“もうこんな経験はないだろう”と話す気象キャスターもいましたが、とんでもない。世界中で気温は上がり続けています

(環境ジャーナリスト)

今後、より厳しくなるとの予測が…

過去100年間で日本の気温は着実に上がってきた。その中でも特に温暖化の傾向が強いのが東京をはじめとする都市部だ。100年前と比べると、東京の年間平均気温は3.2度上昇した

日本は全国平均で4.5℃上昇し、例えば東京の気温が現在の屋久島に近い値になると予想されています

これによる異常気象も心配されてて

今後も地球温暖化が進む限り、そのような異常気象の頻度が増える、あるいはより激しい異常気象の記録が塗り替えられていくと予想される

短時間降水(1時間に50ミリ以上)の年間発生回数は全国平均で今よりも2倍以上に。台風の発生数は減るもののスーパー台風が発生しやすく、また今までよりも日本列島に襲来する可能性が高くなる

平成27年夏の熱中症による救急搬送人員数は5万5,852人で、国立環境研究所は「2100年ぐらいになると患者数は今の2倍くらいに増加する」としている

主な原因として、排気ガスなどが関係しているのではないかと推測されてる。

地球温暖化の主な原因は人間活動である可能性が極めて高く、それによって猛暑の暑さや豪雨の雨量はかさ上げされている

21世紀末には、どのような気候になるか。このまま温室効果ガスが増えていった場合、極端な大雨の発生回数が増えると予想されています

暑くなる前提での生活が必要となる

暑い時にはエアコンの利用などをして、無理のない温度調節を。

年によって変動はあるものの、夏の暑さが徐々に厳しくなっていることは疑いがない。炎天下での運動を避ける、室内ではエアコンを使うなど、最大限の注意が必要

夏の日中は官公庁や企業も休むといった対策が立てられるかもしれませんし、上着にファンが内蔵された“空調服”が定着するでしょう

(気象予報士)

1