1. まとめトップ

卵巣全摘出に婚約者は…『グッド・ドクター』(第7話)

新堂(山崎賢人)が高山(藤木直人)から患者の伊代(松風理咲)の担当を任された頃、瀬戸(上野樹里)のもとへ、かつて小児外科に入院していた奈々子(福田麻由子)が訪ねてきて…。

更新日: 2018年09月13日

1 お気に入り 4423 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◇好調続く『グッド・ドクター』

「グッド・ドクター」(フジテレビ系)の第6話が16日に放送され、平均視聴率10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマーク。初回から6話連続で2ケタ視聴率をキープする好調ぶりを見せている。

ドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」。18年7月期ドラマの8月7日~13日放送分の調査では、前週4話で100Pt満点中初の90Pt台をマークした『義母と娘のブルース』と『グッド・ドクター』が5話目でさらに上昇。ともに今クール最高となる94Ptを記録した。

ネット上では、「毎回泣ける」「山崎賢人の演技がリアル」など、丁寧なストーリーや演技に感動する声が上がっている。

◇第七話あらすじ

新堂湊(山崎賢人)は高山誠司(藤木直人)から森下伊代(松風理咲)の肝障がいへの対処法を聞かれ、正確に答えた。高山は湊を伊代の担当医に任じるが、同じレジデントの中島仁(浅香航大)は面白くない。

一方、夏美(上野樹里)のもとへ、かつて小児外科に入院していた奈々子(福田麻由子)が訪ねてくる。奈々子は、職場の同僚・健太郎(藤原季節)からプロポーズされたが、卵巣の1つを摘出していることを切り出せずにいた。

菜々子は母の良枝(山下容莉枝)に健太郎との結婚を報告。だが、激しい頭痛に見舞われて東郷記念病院に緊急搬送された。

◆第7話スタート 元患者・奈々子から相談される瀬戸

◆悩み解消と思った奈々子が病院に運び込まれる

「本気なのか…終わりにするって…」…「貴方から小児外科を奪った…病院を守る…」…「医院長には…君の…今は、違う…あの小児外科を…必ず守ってみせる」…!?(^^; #グッドドクター

卵巣嚢腫はまだもう一つ頑張ればなんとかなるかもしれんから… #グッドドクター

1 2 3 4