1. まとめトップ

クールビズに最適な「ポロシャツ」は?

クールビズを採用している企業は多いものですが、スーツとは違って着こなしが難しいクールビズで悩む男性も少なくないのではないでしょうか。そんなクールビズを格好良く着こなすために「ポロシャツ」が最適だと知っていましたか?ただポロシャツを着たら良いわけではない、見栄えするクールビズテクを紹介します!

更新日: 2018年08月23日

4 お気に入り 5355 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hidemaru3さん

クールビズにポロシャツが良いワケ

クールビズには色々なスタイルがありますよね。半袖のシャツ、羽織やネクタイをやめるスタイル、中には革靴ではなくスニーカーを着用してのクールビズを検討している人も居ることでしょう。クールビズはあえてスーツのかっちり感を崩していくスタイルなのですが、できたらスーツ着用時の格好良さをクールビズでも演出していきたいものですよね……。そんな時にクールビズでありながら格好良さを演出できるのがポロシャツなのです。

従来のワイシャツ一辺倒のスタイルから、ビジネスマンのスタイルに一定の自由が許容されるようになった現在、注目されているのがポロシャツです。

女性だけでなく男性にもおすすめなのが淡いピンクや黄色、水色のポロシャツです。赤や青などの原色ポロシャツはカジュアルすぎてしまいますが、淡い色のものならYシャツにも取り入れられている色なので問題ありません。

最近は省庁でも5月からOKとなるなど、ポロシャツを着る人が増えています。もし、会社がスーパークールビズを実施しているなら、半袖ワイシャツよりも、ポロシャツを選んだほうが女性ウケが良さそうです。

半袖はポロシャツがいいな〜ポロシャツチノパンのクールビズ好き

クールビズしてるサラリーマンも素敵だけどクールビズが通り過ぎて半袖カッターシャツではなくポロシャツ(地味なのにおしゃれなやつ)を着てるサラリーマンすごく好き

またおじさまがコーヒーいれてくれる店に来た。クールビズなのか今日はポロシャツ。どっちでもよさみがある… pic.twitter.com/4ranwblDK6

郵便局のいつものおっちゃんがクールビズでポロシャツになっとったのにキュンキュンした 自分の中で何か始まりそう

女子ウケ最高!爽やかなポロシャツ着こなしテク

ポロシャツを選ぶ時は必ず台襟があるものを選びましょう。これがなければポロシャツの襟がくたっとしてしまい、だらしない印象になります。格好良く着こなしたいからこそ襟がしっかりしているものを選んでください。

襟が立つと涼しげでもありカッチリ感もあるので格好いいですね。

ユニクロでも台襟つきのポロシャツがあるので、1枚持っておくと便利です。

職場の窓から「うわー、虹だー」と子供みたいにはしゃいでいる先輩だが、クールビズになってからどう見てもユニクロのポロシャツを7色・色違いで毎日着てきているので、職場の人から「レインボーさん」と内緒で呼ばれている

次のFANBOXの下書きチラ。 ポロシャツは台襟あるのとないのがあるのよ pic.twitter.com/qxcrPoO2E0

ABAHOUSEでポロシャツ買うときに、ツヤに惹かれて台襟があるかどうかを見るのを忘れていたことに買った直後に気づいたけど、ちゃんと台襟ついてて安心したと同時にABAHOUSE最高だなって思ったw

ポロシャツ選びで大切なのがサイズ感です!サイズが合っていないポロシャツを着用してしまうとダボダボしていたらだらしなく見えますし、パッツパツでも違和感が生じますよね。そのようなことがないように、ポロシャツは必ずジャストサイズを選んでください。

ポロシャツ選びで大切なのがサイズ感です!サイズが合っていないポロシャツを着用してしまうとダボダボしていたらだらしなく見えますし、パッツパツでも違和感が生じますよね。そのようなことがないように、ポロシャツは必ずジャストサイズを選んでください。

肩の位置を合わせることお腹まわりが細身であること裾丈はベルトが少し見える程度にすること

ゆったり着ると、生地が横に広がって平面的なシルエットになってしまっています。ビジネススタイルのシルエットで大事なのは「立体感」。「立体感」がなくなってしまうと、体が貧相に見えて子供っぽく見えてしまいます。

かといってボタンがパツパツになるまで細く着ると、横方向にシワが入って安っぽく見えて「高級感」を感じなくなってしまう。

ブランドによってサイズ感は違ってくるので、MやLなどのサイズ表記だけに頼らずに、必ず試着をして3か所のサイズを確認してジャストサイズを選ぶようにしましょう。

ポロシャツを選ぶ時、迷ってしまうのが色ですよね。私服であれば自分の好きな色を選ぶのですが、クールビズは会社でするものですから自分の好きな色で良いものか悩んでしまいます。そんな時おすすめなのが黒や紺と言った無難な色です。黒や紺は汗染みも目立ちませんし、何より締まって見えるため格好良いポロシャツコーデに仕上げることができます。

ポロシャツとしてオススメの色は紺・黒・白・グレーです。会社によっては水色や薄いピンクも着用可能ですが、1枚目に買うのであれば無難な色をチョイスするとコーディネートも簡単です。

また、汗をかきやすい人は、汗が染みると仕事でみっともなく見られますから、グレーや白のポロシャツだとシミや汚れが目立ちやすくなるので、紺や黒を購入するようにしましょう。

ポロシャツの色は、黒か白を選びましょう。なぜなら、黒か白を選ぶと「上品で大人っぽい」印象になるからです。

【ポロシャツ】色は白・黒・紺・淡い黄色やピンク、水色などを選ぶ派手な柄、色、デザインのものは避ける

セールで定番スコッチハウスのポロシャツ2枚ゲットー!ビジネスにも着られるデザインと好きな色♪日本橋三越、大混雑だったけど買えてよかったー!

ポロシャツはインする?しない?

クールビズ、いくらポロシャツといえどビジネスシーンなのでインするかどうか悩んでしまいますよね。ズボンにインするかどうか……ビジネスシーンで考えると、実はインするのが正解です。これは会社にもよるとは思いますが、インしなくても良いと言われている会社以外ではインしたほうが無難です。というのもポロシャツは元々インするもの、インすることこそが正装であるためです。また、インしていないよりはインした方が相手に失礼な印象を与えずに済むので、その意味でもインしておいた方が安心できますね。

最近はクールビズや、クールビズ以上の軽装を促すスーパークールビズを推奨する会社が増え、ビジネスシーンにもポロシャツを取り入れるところも多くなってきました。

しかし、プライベートのファッションとしてポロシャツを着るように、裾を出して着るのはビジネスファッションにおいてはNGといえます。

あくまでYシャツの代わりに通気性などが優れたポロシャツを着ているだけなのです。ビジネスマンでYシャツの裾を出して歩く人はいませんよね?

もしYシャツの裾を出しっぱなしでいる人がいたら「マナーがない、だらしない」としか思われません。それと同じ事です。

1 2